文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 地図と測量の科学館  > これまでの企画展示  > 企画展「平城京遷都1300年 地図と写真でたどる 風土記の時代」  

企画展「平城京遷都1300年 地図と写真でたどる 風土記の時代」

企画展「平城京遷都1300年 地図と写真でたどる 風土記の時代」

企画展示のご案内

企画展示のご案内画像

企画展「平城京遷都1300年 地図と写真でたどる 風土記の時代」チラシ画像

展示概要

国土地理院の「地図と測量の科学館」では、平城京遷都1300年を記念し、企画展「平城京遷都1300年 地図と写真でたどる 風土記の時代」を4月27日(火)から7月4日(日)まで開催します。

この企画展は、平城京に関わる展示のほか、地方区分の「国」、関東各地の国府や国分 寺跡、「常陸国風土記」ゆかりの地などを地図や写真で紹介しています。現在に息づいている奈良時代の名残りを感じていただくとともに、地図・測量への理解と親しみを深め ていただければ幸いです。

本年は、西暦710年に奈良の平城京に都が移されてから1300年の節目の年です。奈良時代は、784年の長岡京へ遷都までのわずか70年余りの短い期間でしかありませんが、我が国が中央集権国家としての体制を確立した時期であり、この当時に制定された国の仕組みや文化遺産は現代社会にも大きな影響を残しています。 律令制のもとでの我が国の地方区分であった「国」は、現在においても私たちの身近な存在であり、ここ数年来積極的に進められてきた「平成の大合併」でも旧国名をつけた市や町が次々と誕生しています。

また、奈良の都、平城京をはじめ地方行政の中心であった、国庁や郡衙、741年の聖武天皇の詔により全国に建立された国分寺や国分尼寺の発掘も各地で進み、当時の姿を思い起こすことができます。さらに、「風土記」などに残された地方の記録から、はるか昔の私たちの祖先の生活をうかがい知ることができます。

 

会期
平成22年4月27日(火)~7月4日(日)入場無料
開館時間
午前9時30分~午後4時30分
休館日
毎週月曜日(休日の場合は順次翌日)
展示場所
国土地理院 地図と測量の科学館
〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
問い合わせ先
広報広聴室 電話029-864-1872

地図のギャラリー

基本図の紹介:国土地理院が刊行している色々な地図を紹介します。

2009年に刊行された地図:国土地理院が2009年に刊行・公開した測量・地図・研究成果

場所:地図と測量の科学館1階 地図のギャラリー

ページトップへ