文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 地図と測量の科学館  > これまでの企画展示  > 企画展「戦後復興を支えた地図と測量」  

企画展「戦後復興を支えた地図と測量」

企画展「戦後復興を支えた地図と測量」

企画展示のご案内

企画展示のご案内画像

企画展「戦後復興を支えた地図と測量」ポスター

開催案内

国土地理院の前身である地理調査所は、太平洋戦争終結直後、陸地測量部から内務省の機関として発足し、引き継がれた人員・器材・技術・成果は、戦後復興に大きく寄与しました。

本企画展では、その頃の史料をはじめ、測量機器・地図原版など貴重な資料を中心に、戦後復興を支えた地図と測量について紹介します。

会期

2014年3月11日(火)から6月29日(日)

会場

国土地理院「地図と測量の科学館」2階 特別展示室

交通案内はこちら

企画展紹介

みどころ

  • 陸地測量部から地理調査所へ
    • 戦時下の陸地測量部・・・国産「九七式測距経緯儀」(実物)、5万分1交通図製版原図「早岐」ほか(原本)
    • 地理調査所の発足・・・渡邉正氏寄贈「終戦ニ伴ウ陸地測量部処理要綱案」(原本)など
  • 陸地測量部より受け継がれた貴重な遺産
    • 地図原版(実物)、製図用原版(原本)など
    • 測量成果
  • 戦後復興を支えた地図と測量
    • 旧陸軍から移管された地図の整理と再販
    • 南海震災復旧測量とカスリーン台風水害調査
  • 地図と測量に見る国土の復興
    • 東京都心部の変遷
    • 水戸市の戦災概況とその後の都市形成過程

写真:潜望式経緯儀

潜望式経緯儀

写真:早岐(はいき)

早岐(はいき)

 

会場構成

企画展「戦後復興を支えた地図と測量」展示構成

展示風景

写真:「地図と測量の科学館」正面入口

「地図と測量の科学館」正面入口

写真:企画展のご案内(1階正面入口)

企画展のご案内(1階正面入口)

写真:特別展示室入口

特別展示室入口

写真:展示風景1

展示風景1

写真:展示風景2

展示風景2

写真:展示風景3

展示風景3

写真:展示風景4

展示風景4

写真:展示風景5

展示風景5

開催案内チラシ

企画展「戦後復興を支えた地図と測量」チラシ

※画像をクリックするとご覧になれます(PDF、1MB)

展示パネル一覧

本企画展に使用したパネルにつきましては、PDFにてご覧いただけます。

 

ファイルサイズの関係で5分割しています

企画展「戦後復興を支えた地図と測量」

【主催・企画制作】国土地理院

【協力】国立公文書館
    松本市時計博物館
    松本市波田支所
    松本市波田図書館
    松本市立波田小学校
    松本市立安曇小学校
    国際航業株式会社
    石川玲子
    金窪敏知
    菊地正浩
    酒井静
    田辺茂喜
    (順不同、敬称略)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ