文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 子どものページ  > 標高と海抜と水準点  

標高と海抜と水準点

小学5年・6年のページ

標高と海抜と水準点

標高と海抜(基準面)

画像:平均海面

 

国土地理院(測量法そくりょうほう)では、東京湾とうきょうわん平均海面へいきんかいめんを0mの基準面きじゅんめんとしています。

基準面からのたかさを標高ひょうこうとよびます。

また、近隣きんりんの海面(たとえば大阪湾おおさかわんなど)からの高さは海抜かいばつとよびます。


日本のおもな山の高さなどは「地理ちりかんする情報じょうほう」のページに出ています。

画像:リンク用マップ博士地理に関する情報のページへ

日本水準原点

画像:日本水準原点

 

東京都千代田区永田町とうきょうとちよだくながたちょう1丁目ちょうめ

東京湾とうきょうわん平均海面へいきんかいめんからの標高ひょうこう 24.39 メートル

画像:平均海面と日本水準原点と水準測量

水準点

水準点すいじゅんてん正確せいかくたかさをもとめる測量そくりょうをおこなうときに基準きじゅんとなるてんです。
国土地理院で設置せっちした水準点は、やく2万点まんてんあります。
全国ぜんこくの主な道路沿どうろぞいに約2kmごとに設置されています。

画像:リンク用マップ博士水準点のページへ


画像:水準点と一等水準路線図
画像:一等水準点

ページトップへ