文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 防災関連 > 平成30年(2018年)霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)の噴火に関する対応  

平成30年(2018年)霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)の噴火に関する対応

航空機SAR観測結果

国土地理院は、平成30年4月20日、測量用航空機くにかぜに搭載したSARを用いて、
えびの高原(硫黄山)周辺の観測を行いました。
 (航空機SARの観測結果の詳細については、下記のPDFをご覧下さい。)

                    硫黄山航空機SAR画像の新旧比較(北東側からの画像)
硫黄山航空機SAR画像の新旧比較

えびの高原(硫黄山)周辺の航空機SAR観測について(PDF:4.8MB)

○地理院地図から、より高解像度の画像がご覧いただけます。 (地理院地図による閲覧はこちら)http://www.gsi.go.jp/common/000000044.gif

空中写真(斜め写真)

国土地理院は、えびの高原(硫黄山)周辺の火山活動の状況を把握するため、空中写真(斜め写真)の撮影を実施しました。

・4月20日撮影http://www.gsi.go.jp/common/000000044.gif
えびの高原_斜め写真
(地理院地図による閲覧)

だいち2号干渉SAR による変動について

国土地理院は、だいち2号のSARデータを使用した解析により、4月19日以降に噴火が発生した霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)の火山活動に伴う地殻変動を以下のとおり明らかにしました。
(平成30年4月30日12:18観測時点)

・4月23日までの観測(図2~4)で硫黄山南部及びその西側で見られていた隆起とみられる変動は、4月30日(図5)では小さくなっています。
1回目

2回目
衛星進行方向 電波照射方向
(照射方位)
観測モード 入射角
(中心)
高解像度画像
(公表日)
 1 2018年2月9日

2018年3月9日
北行 右(東) 高分解能 33° 2018年4月20日
 2 2018年3月9日

2018年4月20日
北行 右(東) 高分解能 33° 2018年4月20日
 3 2018年3月10日

2018年4月21日
南行 右(西) スポットライト 23° 2018年4月21日
 4 2018年3月26日

2018年4月23日
南行 左(東) 高分解能 53° 2018年4月24日
 5 2018年4月16日

2018年4月30日
南行 右(西) 高分解能 36° http://www.gsi.go.jp/common/000000044.gif
2018年5月2日

      
図1:2018年2月9日~2018年3月9日の解析結果       図2:2018年3月9日~2018年4月20日の解析結果

      
図3:2018年3月10日~2018年4月21日の解析結果     図4:2018年3月26日~2018年4月23日の解析結果

http://www.gsi.go.jp/common/000000044.gif
図5:2018年4月16日~2018年4月30日の解析結果

 
図6:国土交通省災害対策用ヘリコプターで4月20日に撮影した画像から推定した4月19日の噴火概略位置

※今回の結果は速報であり、より詳細な分析等により、今後内容が更新されることがあります。
※干渉SAR の精度は一般的には数cm 程度とされています。また、衛星の観測条件が異なる場合、同じ地殻変動であっても、解析結果の見え方に違いが生じます。
※観測データは、火山噴火予知連絡会衛星解析グループを通して、JAXAから提供されたものです。
  解析:国土地理院 原初データ所有:JAXA

(過去の更新情報)
だいち2号干渉SAR による変動について
平成30年4月23日13:06観測時点
・硫黄山とその周辺の領域で隆起とみられる変動が継続しています。
・4月19日に噴火が発生した硫黄山南部において局所的に約15cmの隆起とみられる変動が見られます。
・4月19日の火孔の西側約300mに4月20日(図2)に見られた隆起とみられる変動は、4月21日(図3)で南西側と北東側に拡大し、4月23日(図4)では南西端と北東端にかけて変動量が大きくなっています。

平成30年4月21日12:25観測時点
・硫黄山とその周辺の領域(北東-南西方向約1.5km、北西-南東方向約0.6km程度)で隆起とみられる変動が継続しています。
・今回(4月19日)の噴火が発生した硫黄山南部において局所的に約15cmの隆起とみられる変動が見られます。
・今回(4月19日)の火孔の西側約300mに4月20日(図2)に見られた隆起とみられる変動は、南西側と北東側に拡大しています。

平成30年4月20日0:11観測時点
・硫黄山周辺の領域(北東-南西方向約1.5km、北西-南東方向約0.6km程度)で隆起とみられる変動が継続しています。
・今回(4月19日)の噴火口のある硫黄山南部において局所的に約15cmの隆起とみられる変動が見られます。
・今回の噴火口の西側約300mの箇所にも、噴火口付近と同様な局所的に約15cmの隆起とみられる変動が見られます。

火山災害対策用図【霧島山(えびの高原(硫黄山))周辺】

霧島山(えびの高原(硫黄山))周辺の地図を作成しました。火山災害対策用の地図としてご利用いただけます。

火山災害対策用図
火山災害対策用図【霧島山(えびの高原(硫黄山))周辺】A0版(PDF:19.9MB)

このwebページで公開している地理空間情報のご利用について

国土地理院コンテンツ利用規約に従い、出典を明示いただくだけで、転載も含めご自由にお使いいただけます。
 
これらの地理空間情報等につきましては、
・現地の被災状況を心配されている国民の皆様への直接の情報提供
・関係機関が行う今後の対応等についての検討
 等に対する重要な情報を提供する目的で行っています。

問い合わせ先

 〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番

(航空機SAR・空中写真に関すること)
 国土地理院基本図情報部
 管理課長 長谷川 裕之 (直通 029-864-4841)
 管理課長補佐 伊東 欣英 (直通 029-864-4856)
FAX 029-864-1803

(だいち2号の干渉SARに関すること)
 国土地理院 地理地殻活動研究センター
 地理地殻活動総括研究官 藤原 智(ふじわら さとし)(直通029-864-2477)
 国土地理院 測地部
 宇宙測地課長 宗包 浩志(むねかね ひろし)(直通029-864-4813)

(火山災害対策用図に関すること)
国土地理院応用地理部
企画課長 勝田 啓介(直通029-864-5917)
企画課長補佐 小野 康 (直通029-864-5918)
FAX 029-864-1804

 

ページトップへ