文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2014年 報道発表資料  > 三角点の標高成果の一部に誤りがありました 最終更新日:2014年5月23日

三角点の標高成果の一部に誤りがありました

発表日時:2014年05月23日 17時00分

 平成26年4月1日に公表しました全国の三角点約10万点のうち498点の標高成果に誤りがありました。
  三角点の標高を水準測量に整合した体系とするため、平成26年4月1日に一部離島を除く全国の三角点約10万点の標高成果を改定し公表した一部に誤りがあることが5月21日に判明しました。この間精査を進めておりましたが、誤りの全点が把握できましたので公表します。
  誤りがあった三角点は、32都府県にある498点で、その詳細は、国土地理院ホームページ「基準点成果等閲覧サービス」(http://sokuseikagis1.gsi.go.jp/)に都府県別のリストを掲載いたしました。
  三角点の測量成果を利用されているみなさまには御迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

  今回の誤りは、新たな標高成果を計算処理する際に、既に水準測量に整合しており、計算処理の不要な三角点を除外せず誤って計算処理したことによります。
  誤りのあった三角点の標高成果は、国土地理院のホームページ上における公表を5月22日に停止するとともに標高成果の誤りを修正し、5月26日に公表を再開いたします。

  また、現在刊行している地図データ(数値地図(国土基本情報)及び電子地形図25000)につきましては、別紙1下表のとおり対応を予定しています。修正が必要なデータをご購入いただいたお客様には、すみやかにご連絡の上、希望する方に修正後のデータの提供をさせていただく予定です。

  なお、国土地理院がまとめた「日本の主な山岳標高一覧 -1003山-」に記載する山岳標高値については変更はありません。
  今後、このような誤りのないよう徹底した品質管理のための検査体制の見直しを行います。

問い合わせ先

国土交通省 国土地理院 〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
<三角点標高成果の誤りの対応について>
測地部    測地基準課長        田中 博幸  029-864-4796(直通)
測地部    測地基準課長補佐     小門 研亮  029-864-4816(直通)
<電子地形図及び数値地図の対応について>
基本図情報部 国土基本情報課長    飯田 洋   029-864-4873(直通)
基本図情報部 管理課長補佐       甲斐 納   029-864-4856(直通)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ