文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > GIS・国土の情報 > 地名に関する情報  > 外国人にわかりやすい地図表現検討会  

外国人にわかりやすい地図表現検討会

 国土地理院では、訪日外国人旅行者の円滑な移動や快適な滞在のための環境整備を図り、観光立国実現や2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の円滑な開催などに資するため、平成26年5月に「外国人にわかりやすい地図表現検討会」を設置し、地図に記載する地名等の英語表記ルールや外国人にわかりやすい地図記号の検討を進めてきました。同検討会の報告書がまとまりましたので公開します。
 地名等の英語表記ルールについては、国土地理院が英語版地図を作成する際の基本として適用する予定です。
 地図記号については、報告書で示された地図記号イメージを基に、視認性等を確認の上、外国語版地図における具体的な地図記号を平成27年度中に作成する予定です。なお、報告書を元に国土地理院で検討した18種類の地図記号案について、公共測量作業規程の準則の一部改正(案)に盛り込み、意見募集を実施しています(平成28年1月7日~2月7日)。
 

検討会報告書及び会議資料

 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ