文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2013年 報道発表資料  > 2万5千分1地形図が変わります  

2万5千分1地形図が変わります

発表日時:2013年9月5日14時

国土地理院では、長年にわたって親しまれてきました3色刷の2万5千分1地形図(印刷図)をおよそ50年ぶりに一新します。今回の多彩な色で表現した新しいタイプの2万5千分1地形図(印刷図)は、平成25年中に刊行を開始し、数年をかけて刊行範囲を順次広げていくように準備を進めています。
国土地理院では、地図データのデジタル化を進め、全国をカバーするデジタルデータである「電子国土基本図」の整備を行っています。同時に、これを基に利用者が用途に応じて出力範囲や表現方法を選択できる「電子地形図25000」を、Webを利用して刊行しています。
一方、長年にわたって親しまれてきた2万5千分1地形図(印刷図)についても、「電子地形図25000」と基本的には同等の内容で、現行の地形図に比べて道路や建物などの情報が、より詳細に盛り込まれた地図に一新することとしました。
2万5千分1地形図(印刷図)は、昭和40年代から墨版(黒)、褐版(茶)、藍版(青)の3色刷で作成されたものが定着してきました。新しいタイプの2万5千分1地形図(印刷図)では、昨今の印刷技術の高度化・多様化を受け、これまでの3色に限定せず多彩な色を使ってきめ細かな表現を可能にするとともに、地形に陰影を付し立体感を得やすくし、より読みやすく使いやすい地図になります。
この表現は、平成24年2月に設置した「電子国土基本図のあり方検討会」(委員長:森田喬法政大学教授)等で出された意見を反映させるとともに、アンケート調査等で得られた一般利用者からの意見・要望も参考にして定めました。
今後は「電子地形図25000」の公開に合わせて、数年かけて刊行範囲を順次全国へ拡大していく予定です。
(問い合わせ先)
   〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
    国土交通省 国土地理院 応用地理部
      企画課長     河瀬 和重  TEL:029-864-5917(直通)
      応用地図課長  関崎 賢一  TEL:029-864-5939(直通)
                           FAX:029-864-1804

ページトップへ