文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 基準点・測地観測データ  > 日本列島の地殻変動  > 地殻変動に関する報道発表等  > 電子基準点が捉えた鳥取県中部で発生した地震に伴う地殻変動について  

電子基準点が捉えた鳥取県中部で発生した地震に伴う地殻変動について

平成28年10月21日14時07分頃の鳥取県中部の地震に伴う地殻変動を観測(2016年10月21日)

概要

10月21日14時07分頃に鳥取県中部で発生した地震(M6.6(暫定値)、深さ11km(暫定値)、最大震度6弱)に伴う地殻変動が観測されました。

平成28年(2016年)10月21日14時07分頃に発生した地震(M6.6(暫定値)、深さ11km(暫定値)、最大震度6弱)について、震源域周辺の電子基準点で観測されたデータを解析した結果(10月21日午後9時までのデータを使用)、震源域に近い電子基準点「羽合(はわい)」(鳥取県湯梨浜町)で北北東方向に約7cm(暫定値)の変動をはじめ、鳥取県内の複数の電子基準点で地殻変動が観測されました。
上下方向についても地殻変動を検出している可能性はありますが、データにばらつきがあるため、引き続き精査をしてまいります。
今後も注意深く電子基準点による地殻変動の監視を続けていきます。
なお、解析結果は精査によって変更になることがあります。

問い合わせ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
国土交通省国土地理院
測地観測センター      地殻監視課長     千早 昭二  TEL 029-864-5971(直通)
              地震調査官      檜山 洋平  TEL 029-864-4825(直通)
                                FAX 029-864-8381

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ