文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2011年 報道発表資料  > 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震に伴う地殻変動について ~データ回収により、新たに牡鹿半島での変動が明らかに~  

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震に伴う地殻変動について ~データ回収により、新たに牡鹿半島での変動が明らかに~

発表日時:平成23年3月19日(土)15時30分

概要

地震後、データを取得できなかったGPS連続観測点のデータ回収を行った結果、牡鹿半島で地震時に東南東方向に約5.3mの移動、約1.2mの沈下があったことが新たにわかりました。
また、震源域周辺の広い範囲で地震後から緩やかな地殻変動が継続しており、地震後からの変動は大きいところでは20㎝を超えています。
 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震に伴う地殻変動が大きかった地域では、基準点の測量成果を改定する必要があるため、現在、測量成果の公表を停止しています。
 国土地理院では、電子基準点の新しい測量成果の計算を進めていますが、今回の地震では地殻変動が広い範囲に及んでいること、また現在も余効変動と呼ばれる緩やかな地殻変動や、余震による地殻変動が発生していること(資料1、資料2)から、測量成果の計算や点検にはもう少し時間を要する状況です。

 このため、今後大きな余震の発生がなければ、成果停止地域内の電子基準点の測量成果については、5月下旬を目途に公表する予定です。
 三角点及び水準点は、電子基準点成果の改定後に測量を実施し、測量成果を計算した後、三角点は10月、水準点は11月を目標として順次公表していく予定です。
 また、基準点測量成果の扱いに関わる詳細な情報は、国土地理院ウェブサイトの同地震関連ページに随時提供していきますので、ご覧ください。

問い合わせ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
 国土交通省 国土地理院
 (電子基準点)
  測地観測センター地殻監視課長   吉池 健   TEL 029-864-5971(直通)
  測地観測センター地殻監視課長補佐 丸山 一司  TEL 029-864-6259(直通)
 (三角点)
  測地部    測地基準課長    米渓 武次  TEL 029-864-4796(直通)
  測地部    測地基準課長補佐  檜山 洋平  TEL 029-864-4816(直通)
 (地方測量部)
 国土交通省 国土地理院 〒983-0842 仙台市宮城野区五輪1-3-15 仙台第三合同庁舎
  東北地方測量部  次長      土井 弘充  TEL 022-295-8515(直通)
 国土交通省 国土地理院 〒102-0074 千代田区九段南 1-1-15 九段第2合同庁舎
  関東地方測量部  測量課長    川本 利一  TEL 03-5213-2060(直通)
 国土交通省 国土地理院 〒930-0856 富山市牛島新町 11-7 富山合同庁舎
  北陸地方測量部  防災情報管理官 大滝 修   TEL 076-441-0888(代表)
 国土交通省国土地理院 〒460-0001 名古屋市中区三の丸2-5-1 名古屋合同庁舎第2号館
  中部地方測量部  次長      畠山 裕司  TEL 052-961-5642(直通)

ページトップへ