文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 地図・空中写真 > 主題図(地理調査)  > ベクトルタイル「地形分類」 -身の回りの土地の成り立ちと災害リスクがワンクリックで分かります-  > 身の回りの土地の成り立ちと自然災害リスクをワンクリックで確認できる範囲が広がりました 最終更新日:2017年3月29日

身の回りの土地の成り立ちと自然災害リスクをワンクリックで確認できる範囲が広がりました

ベクトルタイル「地形分類」の改良と提供実験の再開について

 平成28年3月9日に公開した、身の回りの土地の成り立ちと自然災害リスクをワンクリックで確認できるデータである「地形分類」について、本日3月29日より「地形分類(自然地形)」及び「地形分類(人工地形)」として地理院地図からの提供実験を再開いたします。

【地理院地図で見る】
  ベクトルタイル「地形分類(自然地形)」を見る
  ベクトルタイル「地形分類(人工地形)」を見る

 今回の提供実験再開にあたっては、以下の改良を行いました。なお、平成28年10月19日に判明した「数値地図25000(土地条件)」 に含まれる不具合の修正も行っております。

【改良1】 公開範囲が広がりました ―治水地形分類図(更新版)の追加―

 これまで公開していた土地条件図のデータに加え、新たに「治水地形分類図(更新版)」を追加しました。これにより、全国の主要な河川の周辺を中心に、閲覧できるエリアが広がりました。

【改良2】 人工的な改変工事前の「自然地形」と改変工事後の「人工地形」の両方が見られるようになりました

 地形分類には、その土地が本来どのようにできた地形であるのかを表す「自然地形」と、人工的に作られた「人工地形」が含まれます。これまでの地形分類データでは、「自然地形」と「人工地形」を1つのデータにまとめていたため、両方のデータが重複して同じ位置にある場合、いずれか一方をワンクリックで表示できませんでした。
 この問題を解決するため、 「自然地形」と「人工地形」を別のデータとすることで、片方ずつ表示/非表示を切り替えることができるようになりました。

【改良3】 凡例や解説の内容を一部見直しました

各地形分類の凡例や解説の内容を一部見直しました。

 「地形分類(自然地形)」 「地形分類(人工地形)」の凡例

お問い合わせ先

国土地理院 応用地理部 防災地理課
 課長清水 雅行 029-864-6920(直通)
 課長補佐小島 脩平 029-864-6922(直通)

ページトップへ