文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2013年 報道発表資料  > 北陸、近畿地方を対象に最新の2万5千分1地形図等のインターネットでの刊行を開始  

北陸、近畿地方を対象に最新の2万5千分1地形図等のインターネットでの刊行を開始

発表日時:2013年2月28日 14時

 国土地理院は、インターネットを経由して国土の基本図を購入することができるサービス「電子地形図25000」(画像データ)を、北陸、近畿地方を対象に開始します。また、2万5千分1地形図と同一範囲の電子地形図25000(定型版)もあわせて刊行します。
 さらに、
行政区画・道路・鉄道・建物等の地図情報、居住地名等の地名情報、標高等を一つにまとめた「数値地図(国土基本情報)」も北陸、近畿地方を対象に刊行します。


 これらのデータは、道路の開通などによるデータの更新がすぐに基データに反映され、日々新しい地図として入手可能になります。
 「電子地形図25000」(画像データ)では、インターネット上で購入する際に、その利用目的に応じて、入手したい地図の中心の位置、出力形式(PDF、JPEG、TIFF)、画像サイズ(A4~A0)等を指定することができ、また送電線・記念碑・植生界等を表記するなど、従来の2万5千分1の印刷図とほぼ同じ内容の地図を出力することができます。さらに、従来の2万5千分の1地形図と同一範囲(標準地域メッシュの二次メッシュ(約10km四方)の範囲)である「定型版」を刊行します。これにより、従来の2万5千分1地形図の最新版を、画像データとして入手することができるとともに、上下左右の隣接する地図データと貼り合わせて利用したい場合に、地図画像の貼り合わせ機能を持つGIS(地理情報システム)などを用いることで、容易に貼り合わせることが可能です。
 「数値地図(国土基本情報)」は、GISなどを用いて、必要な情報を選択したり、他の情報と重ね合わせて利用することが可能なものです。これも標準地域メッシュの二次メッシュ単位にファイル化され、データ項目は約50項目で平成13年から15年にかけて全国を対象に刊行した数値地図 25000(空間データ基盤)の4倍です。
 値段は、電子地形図25000(画像データ)が、1画像当たりA4~A0で170円~680円で、電子地形図25000(定型版)は1画像当たり170円で、また数値地図(国土基本情報)は二次メッシュ1つ当たり170円で、いずれも(財)日本地図センターから購入できます。数値地図(国土基本情報)は、都道府県単位でDVDでまとめて購入することも可能です。(1枚7500円)
 これらのデータについて、これまでは北海道・四国・九州・沖縄地域を刊行してきましたが、今後年度内を目途に、全国に刊行範囲を広げていきます。

○電子地形図25000・数値地図(国土基本情報)刊行ページ
 http://net.jmc.or.jp/

別添 日々新しい情報がダウンロード可能な刊行形態のイメージ
別添2 電子地形図25000の出力例(別添2-1はA3判横別添2-2はA3判縦で等高線が緑色
別添3 電子地形図25000(定型版)の出力例
 別添4 数値地図(国土基本情報)と従来の数値地図シリーズとの比較

 

問い合わせ先

 〒0-0811 茨城県つくば市北郷1番  

 国土地理院基本図情報部 国土基盤情報調整官 長谷川 裕之  029-864-6888(直通)

                   管理課長         下山  泰志   029-864-4841(直通)
                                             
029-864-1803FAX

ページトップへ