文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 刊行物・資料  > 国土地理院時報  > 国土地理院時報(2004,103集)目次  > 高精度測位技術の現状とその利用分野に関する調査  

高精度測位技術の現状とその利用分野に関する調査

Investigation on the Current Situation of Accurate Positioning Technology and its Application

地理地殻活動研究センター  神谷泉・小白井亮一
Geography and Crustal Dynamics Research Center  Izumi KAMIYA,Ryoichi KOJIROI

要旨

 GPSに代わる,あるいはGPSを補完する測位衛星システム(GNSS:Global Navigation Satellite System)等としてグロナス,ガリレオ計画,準天頂衛星計画,成層圏プラットフォーム計画,局所的な測位技術としてシュードライトを取り上げ,技術の状況を調査した。また,いつでも,どこでも高精度な測位が可能という条件下での測位技術の利用について調査した。

戻る

ページトップへ