文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2016年 報道発表資料一覧  > 企画展「水害を考える」を開催 ~水害を考え、意識し、そして備える~  

企画展「水害を考える」を開催 ~水害を考え、意識し、そして備える~

企画展「水害を考える」を開催

発表日時:2016年9月9日(金) 14時00分

国土地理院「地図と測量の科学館」(茨城県つくば市)では、9月16日(金)から12月25日(日)まで、企画展「水害を考える」を開催します。

昨年9月に、茨城県常総市の鬼怒川の堤防が決壊して広範囲が水没し、大きな被害が発生するなど、私たちはこれまで多くの水害に遭ってきました。私たちが、安全にそして安心して暮らしていける社会を築くためには、私たち一人ひとりが自然災害に関する意識を高めることが重要です。

洪水・氾濫などの水害は、地形ととても深い関係があります。水害による被害を最小限にするためには、地形やその土地の成り立ちを知っておくことが大切です。

今回の企画展は、過去に発生した水害の事例から、被害が多く発生する地形や土地の特性などを知ることにより、私たち一人ひとりが、日頃から「水害を考え、意識し、そして水害に備える」ことを目的として開催するものです。

この企画展が、私たちの生活を水害から守るきっかけになれば幸いです。

企画展「水害を考える」

開催期間

平成28年9月16日(金)から12月25日(日)

開館時間 9時30分から16時30分

休館日 毎週月曜日(ただし、月曜日が休日のときは翌日火曜日が休館)

※10月29日(土)・10月30日(日)臨時休館

開催場所

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番

国土地理院「地図と測量の科学館」 2階 特別展示室

主なパネル展示内容

  • 平成27年9月関東・東北豪雨における「常総市の水害」
  • 水害と地形
  • 過去の主な水害
  • 水害発生の要因
  • 防災への取組
  • 災害における報告書や調査図、標高段彩図、地盤高図 など

その他

入場無料

国土地理院「地図と測量の科学館」 URL:http://www.gsi.go.jp/museum/index.html

 

※開催期間中に取材を希望される方は、国土地理院総務部広報広聴室広報係(029-864-6255)へ事前にご連絡をお願いします。

 

添付資料 チラシ 企画展「水害を考える」 [PDF形式 2585KB]

問い合わせ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番

国土交通省 国土地理院

総務部 建設専門官 小島 正和 TEL 029-864-6047

総務部 広報広聴室長 門脇 利広 TEL 029-864-4038

                        FAX 029-864-6441

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ