文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 東北地方測量部  > 近代測量150年  

近代測量150年

~近代測量150年を記念して「道の駅」でパネルを展示~

社会の発展と共に満150年を迎えました!

本年(2019年)は、明治政府に近代測量を行う機関が設置された1869年(明治2年)から満150年に当たります。国土地理院及び関係団体は、本年を「近代測量150年」と位置づけています。
この近代測量150年の節目に、全国の「道の駅」でパネルを展示します。

近代測量150年とは

2019年は、明治政府に近代測量を行う機関として、国土地理院の前身である「民部官庶務司戸籍地図掛(みんぶかんしょむつかさこせきちずかかり)」が設置された1869年(明治2年)から満150年に当たります。
国土の開発事業の土台と言える測量・地図作製は、国の基本的な形を築き上げた多岐にわたる近代化への国家プロジェクトの一つとも言えます。
明治から平成、そして新しい時代へ、国土を正確に把握し、管理するために実施した測量や地図作製は、第二次世界大戦以降の戦後復興、高度経済成長、防災対策等のインフラ整備の支えとなり、社会に果たす役割は非常に大きいものになっています。

パネル展示

社会の発展を支えてきた近代測量の歩みを、各地の「道の駅」でパネルでご紹介します。
(開催場所の情報は、順次更新します。)

開催場所はこちらをご参照ください(PDF)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ