文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2015年 報道発表資料  > 企画展「火山の国に生きる」を開催  

企画展「火山の国に生きる」を開催

企画展「火山の国に生きる」を開催

発表日時:2015年9月8日(火)14時00分

国土地理院「地図と測量の科学館」(つくば市)では、9月15日(火)から、企画展「火山の国に生きる」を開催します。

 

 日本列島は環太平洋火山帯に属し、火山活動が非常に活発な地域で、国内には110の活火山※があります。

 火山の活動は、時として人々の生命や生活を脅かす大きな災害を引き起こすことがあります。一方、火山はその雄大な景観や温泉などが人々の心をとらえ、温泉や地熱エネルギーなどは、私たちの暮らしに恩恵を与えてくれる存在でもあります。

 本企画展では、富士山や西之島、桜島などその活動が注目されている火山を中心に、火山噴火の歴史・写真・地形模型・地図等を通じて紹介します。

 企画展を通じて、火山国日本の姿に関心を深めていただくとともに、火山との共生を考える一助になれば幸いです。

※活火山:日本では、「概ね過去1万年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動のある火山」と定義され、北方領土の択捉島・国後島にある11の火山を含めて国内に110の火山があります。(2011年 火山噴火予知連絡会選定)

企画展「火山の国に生きる」

1.開催期間

平成27年9月15日(火)から11月29日(日) 開館時間 9時30分から16時30分

休館日:毎週月曜日(ただし、休日のときは順次翌日が休館日)

※10月24日(土)・25日(日)は臨時休館日

2.開催場所

〒305-0811 つくば市北郷1番

国土地理院「地図と測量の科学館」2階 特別展示室

3.主な展示の内容

  • 火山を知る
    1. 火山噴火のしくみ、噴火現象と被害など
    2. 世界の火山分布
    3. 日本の活火山
    4. 日本の主な火山活動と災害
  • 火山災害を語り継ぐ
    1. 1707年富士山宝永噴火
    2. 1783年天明浅間山噴火
    3. 1888年磐梯山噴火
    4. 1914年桜島大正噴火
    5. 1926年十勝岳噴火
    6. 1991年雲仙普賢岳噴火
  • 最近の火山活動と国土地理院のとりくみ
    1. 霧島山噴火(2011年)
    2. 西之島噴火(2013年)
    3. 御嶽山噴火(2014年)
    4. 口永良部島噴火(2015年)
  • 火山と向き合い火山と生きる
    1. 有珠山と洞爺カルデラ
    2. 伊豆大島と三宅島
    3. 箱根山(大涌谷)
    4. 蔵王山
  • その他の資料展示
    1. 火山土地条件図
    2. 火山基本図
    3. 古澤家寄贈「日本火山地帯精密地形模型」
    4. 火山防災ハザードマップ

問い合わせ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番

国土交通省国土地理院

総務部建設専門官 加藤 啓子 TEL 029-864-6047

総務部広報広聴室長 豊田 友夫 TEL 029-864-4038

FAX 029-864-6441

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ