文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2015年 報道発表資料  > 企画展「戦災からの復興 ~地図や写真でたどる復興の道のりと国土の変貌~」を開催します 最終更新日:2015年2月26日

企画展「戦災からの復興 ~地図や写真でたどる復興の道のりと国土の変貌~」を開催します

企画展「戦災からの復興 ~地図や写真でたどる復興の道のりと国土の変貌~」を開催

発表日時:2015年2月26日(木)14時00分

国土地理院「地図と測量の科学館」(茨城県つくば市)では、3月10日(火)から、 企画展「戦災からの復興 ~地図や写真でたどる復興の道のりと国土の変貌~」を開催します。

 本年は、太平洋戦争終戦から70年を迎えます。国土地理院では、戦災により焦土と化した東京をはじめ、広島、長崎、名古屋など全国各都市の戦後復興の歩みや発展の様子などを地図と写真で紹介する企画展を以下のとおり開催します。

企画展「戦災からの復興 ~地図や写真でたどる復興の道のりと国土の変貌~」

1.開催期間

平成27年3月10日(火)から6月28日(日) 9時30分から16時30分

休館日:毎週月曜日

※5月4日(月・祝)は開館、5月7日(木)は休館します。

2.開催場所

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番

国土地理院「地図と測量の科学館」2階 特別展示室

3.主な展示内容

  • 戦災から復興へ
    • 戦災の概況と罹災都市 [地図と図表]
    • 全国主要都市戦災概況図(昭和20年 第一復員省作成 国立公文書館所蔵)
    • 戦災地復興計画基本方針(昭和20年12月30日閣議決定)
  • 東京・・・・大空襲と世界有数の大都市への発展
  • 広島・長崎・・・・原爆の惨禍をのり越え世界に発信する平和都市建設
  • 沖縄・・・・戦後四半世紀に及ぶ米国統治下での復興の歴史
  • おもな都市の戦災と復興
    • 戦災概況図、復興計画図、新旧地形図や空中写真等でおもな都市(仙台、前橋、横浜、富山、名古屋、大阪、神戸、鹿児島)を紹介
  • 茨城県内のおもな都市・地域(水戸、日立、土浦・阿見)の戦災と復興
    • 土浦・阿見・・・攻撃対象となった海軍航空隊の基地周辺の戦前の地形図や終戦直後に米軍が撮影した空中写真、大学病院や公共施設、工業団地等に姿を変えた現在の空中写真等を展示
  • その他
    • 戦時史料 「米軍撒布の伝単(空襲予告ビラ[複製]、国立公文書館蔵)」や陸地測量部作成の「小縮尺地図」 など

問い合わせ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番

国土交通省国土地理院

総務部建設専門官 桒久保 優 TEL:029-864-6047(直通)

総務部広報広聴室長 豊田 友夫 TEL:029-864-4038(直通)

FAX:029-864-6441

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ