文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2013年 報道発表資料  > 企画展『つくば ときの記憶-地図と写真でたどる学園都市の今むかし』を開催  

企画展『つくば ときの記憶-地図と写真でたどる学園都市の今むかし』を開催

発表日時:2013年9月20日(金)14時00分

国土地理院(つくば市)の「地図と測量の科学館」では、10月1日(火)から「筑波研究学園都市50周年記念事業」連携企画として、企画展「つくば ときの記憶-地図と写真でたどる学園都市の今むかし」を開催します。

 

本企画展では、筑波研究学園都市の歩みに関して地図・空中写真などの測量成果や建設中の写真、その他貴重な資料を展示します。学園都市の変遷・発展を身近に感じていただけるとともに、地図や測量への親しみを感じられる内容となっています。

1.開催期間

平成25年10月1日(火)から12月1日(日)9時30分から16時30分

休館日:毎週月曜日(ただし、月曜日が祝日のときは翌火曜日)

※10月12日(土)・13日(日)は、臨時休館いたします。

2.開催場所

国土交通省国土地理院「地図と測量の科学館」1階 地図のギャラリー

3.主な展示内容

  • 学園都市建設前と現在の空中写真 (床展示 *約 2m×3m 縮尺1/2500)
    • 1961年撮影、2009年撮影空中写真、二時期の写真に対応した地図(変化部の重ね図)
  • 学園都市の概要
    • 年表、つくば市の移り変わりを地図上で表示
    • 学園都市が建設されている常総台地や、東京等との地理的位置関係などを陰影段彩図を背景に表示
  • 地図で見る筑波の変遷
    • 筑波の原風景(迅速測図原図) ※今から約130年前の筑波の姿
    • 明治、昭和、平成の地図、電子地形図25000
  • つくばへの道(東京とつくばの間の交通網の変遷)
  • 写真で見る学園都市の建設
    • 移転前後の学園都市の風景、1980年代の学園都市
    • 建設中の学園都市と写真に写された地点の現在の風景を比較
  • 国土地理院作成の集成図等

4.その他

入場無料

地図と測量の科学館 http://www.gsi.go.jp/MUSEUM/index.html

 

地図と測量の科学館は、地図や測量に関する歴史、原理や仕組み、新しい技術などを総合的に展示して、私たちの生活にかかせない地図と測量の役割を誰もが楽しみながら、体感できる施設です。

企画展「つくば 時の記憶」チラシ


問い合わせ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番

国土交通省 国土地理院 総務部

建設専門官 豊田 友夫 電話:029-864-6047

広報広聴室長 赤塚 祐一 電話:029-864-4038

FAX:029-864-6441

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ