文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 防災関連 > 地殻変動情報  > 観測を強化している地域の地殻変動  > 切山地区 最終更新日:2013年7月1日

切山地区

概要

  • 切山地区は、静岡県牧之原市に位置しており、静岡県大井川広域水道企業団が掘削した送水用トンネルを利用して観測点を設置しています。トンネルは、駿河トラフに対しほぼ直交していることから、東海地方の詳細な地殻変動の把握のための観測ポイントとして適切であると考えられています。
  • 昭和59年(1984年)から測距儀による観測を行っています。
  • 具体的には、観測点間(1辺)の距離を精密に測り、その繰り返しにより土地の伸縮を検出しています。

地区

観測結果

観測開始当初は、観測条件に起因する変化がありますが、1988年の送水管への通水以降は、1mm以下で安定した結果となっています。
切山地区結果

参考

ページトップへ