地理院ホーム  > 2012年 報道報道発表資料  > 標高がわかるWeb地図を試験公開  

標高がわかるWeb地図を試験公開

発表日時:2012年06月12日(火)14時00分

-マウスをクリックするだけで知りたい場所の標高がわかります-


国土地理院のホームページで、任意の地点の標高値を簡単に知ることができるWebシステムを試験公開します。津波や水害対策のための基礎情報として活用いただけます。


国土地理院は、地形図に表示されている基準点や標高点の数値、等高線の間隔から標高値を読み取る技術がなくても、任意の地点の標高値を簡単に知ることができるWebシステムを試験公開します。
このシステムでは、Web地図上の任意の地点にマウスのカーソルを移動し、右ボタンをクリックするだけでその地点の標高値を知ることができます。
 
このシステムの活用により、津波災害に備えた避難場所の選定、水害時における氾濫地域や水没危険箇所の予測などに役立つ基礎的な情報が容易に得られ、公共機関における防災計画の策定や見直し、ハザードマップの作製や見直しへの活用だけでなく、個人における防災意識の向上に繋がっていくことが期待されます。
 
なお、このシステムで表示される標高値には、元となる標高データの精度や計算方法による誤差が含まれていますので、そのことを十分にご理解の上注意してご利用くださるようお願いいたします。

このシステムは、以下のURLでご覧いただけます。
http://saigai.gsi.go.jp/2012demwork/checkheight/index.html

添付資料
 1.本システムで表示される情報について 【PDF:322KB】 
 2.本システムで得られる標高値について 【PDF:350KB】
 3.本システムで使用する標高データの整備範囲 【PDF:250KB】
問い合わせ先は【こちら】



ページトップへ


サイトマップ