文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2015年 報道発表資料  > 砺波平野断層帯、三峠・京都西山断層帯、山崎断層帯、雲仙断層群、人吉盆地南縁断層の都市圏活断層図を公開  

砺波平野断層帯、三峠・京都西山断層帯、山崎断層帯、雲仙断層群、人吉盆地南縁断層の都市圏活断層図を公開

発表日時:平成27年11月19日(木)14時00分

 国土地理院は、都市圏活断層図として、砺波平野断層帯とその周辺「高岡」、三峠・京都西山断層帯とその周辺「舞鶴」「綾部」、山崎断層帯とその周辺「北条」「高砂」、雲仙断層群とその周辺「雲仙」、人吉盆地南縁断層とその周辺「人吉盆地」の7面を11月19日に公開しました。

 国土地理院は、平成7年1月の阪神・淡路大震災を契機に平成7年度から全国の活断層帯のうち、都市域周辺部(山間地域を含む)の特に地震被害が広範囲に及ぶと考えられる主要な活断層帯について、詳細な位置や関連する地形の分布等の情報を整備し、「2万5千分1都市圏活断層図」として公開しています。

今回公開した都市圏活断層図は、以下の7面です。それぞれの調査で得られたこと、図に表示した活断層は別紙及び資料1~資料7のとおりです。
  • 砺波平野断層帯とその周辺「高岡」
  • 三峠・京都西山断層帯とその周辺「舞鶴」「綾部」
  • 山崎断層帯とその周辺「北条」「高砂」
  • 雲仙断層群とその周辺「雲仙」
  • 人吉盆地南縁断層とその周辺「人吉盆地」

 都市圏活断層図は、空中写真の判読等によって活断層を抽出し、詳細な位置や断層のずれの方向などを電子地形図25000上にまとめたものです。国、地方公共団体が実施する地域防災計画の策定やハザードマップ作成など、防災・減災対策や地域の適正な開発・保全などの基礎資料として活用されることが期待されます。

 都市圏活断層図は、国土地理院ホームページで閲覧することができます。詳しくは下記のページをご覧ください。
   http://www.gsi.go.jp/bousaichiri/active_fault.html

問い合わせ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番  国土地理院 応用地理部 防災地理課
  課長       山本 洋一 TEL 029-864-6920(直通)
  課長補佐    吉武 勝宏 TEL 029-864-6921(直通)
  技術専門員  石川 弘美 TEL 029-864-6915(直通)     029-864-1804(FAX)  

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ