文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > GIS・国土の情報 > 地理情報標準とは  > 地理情報標準第2版(JSGI2.0)  > 地理情報標準(JSGI)の利用例  

地理情報標準(JSGI)の利用例

ここでは、地理情報標準を利用した製品仕様書等、利用例を紹介しています。GISの基盤となる空間データ及び製品仕様書を作成する時の参考としてください。なお、今後、新たにデータ及び製品仕様書作成する場合には、「地理情報標準プロファイル(JPGIS)」に準拠することを推奨します。

地理情報標準を利用した製品仕様書等

(※ 一部のみ準拠の仕様書を含む)
 
  • 地図情報レベル2500データ作成の製品仕様書(案)
     国土地理院では平成15年度に「地図情報レベル2500データ作成に関する調査研究」を行い、その成果として「地図情報レベル2500の製品仕様書(案)」及び発注者向けの手引き書を作成しました。平成16年度には、できる限り並行して作成していた地理情報標準プロファイルに準拠することを前提として、都市計画業務等における地図情報レベル2500データ作成の実証実験を行い、その結果を反映した,より実効性の高い仕様書(案)を作成しました。
 
  • 数値地図2500(空間データ基盤)製品仕様書(案)Ver1.8
     国土地理院では、測量計画機関等に、JSGIに準拠した製品仕様書への理解を深めていただくため、「数値地図2500(空間データ基盤)」を新たに作成することを想定した製品仕様書(案)を作成しました。なお、本製品仕様書は、現在刊行されている、「数値地図2500(空間データ基盤)」の製品仕様書ではありませんので、ご注意ください。
    • 「数値地図2500(空間データ基盤)製品仕様書(案)Ver1.8」 [PDF形式 6661KB]
   
  • 道路台帳管理データ製品仕様書(素案)
     国土交通省道路局では、都道府県等の道路管理者の道路台帳の電子化を推進するため道路台帳管理データ製品仕様書等の検討を行っています。この仕様を作成するに当たっては、道路基盤データ(道路GIS)及び数値地形図データとも整合性のとれた電子化を目指す必要があることから、これらの仕様を補完し、道路台帳管理業務に必要となるデータを定義した道路台帳管理データ製品仕様書等の検討を行っています。2002年度には、JSGIに準拠した道路台帳管理データ製品仕様書(素案)としてまとめられています。
     
  • 道路基盤データ製品仕様書(案)
     国土交通省道路局では、道路行政で用いる空間データのうち、道路管理者がサービスを実現する上で必要となる情報で、共用性が高いデータに関する製品仕様書等の検討を行っています。この仕様を作成するに当たっては、法令(施行令を含む)や通達に記載されている道路施設であり、かつ、道路台帳附図に記載する施設である地物項目を対象としています。2005年度には、地理情報標準プロファイル(JPGIS)に準拠した道路基盤データ製品仕様書(案)としてまとめられています。
 
  • 建設行政空間データ基盤製品仕様書(案)
     国土交通省では、「GISを活用した次世代情報基盤の活用推進に関する研究」において、国土交通省が所管する建設行政業務において整備・利活用されている地図及び河川GISや建設CALSで整備されているデータを統合して、建設行政空間データ基盤の製品仕様書の可能性を実証することを目的として、JSGIに準拠した製品仕様書を実験的に作成しました。
    • 建設行政空間データ基盤製品仕様書(案) [PDF形式 801KB]
 
  • 3次元GISデータガイドライン第2版
     総務省の「GIS構築のための情報通信技術の研究開発」の中で作成された、「3次元GISデータガイドライン 第2版」(平成15年3月)では、JSGI2.0の、I 空間スキーマ、II 時間スキーマ、III 応用スキーマのための規則、VII 地理識別子による空間参照、VIII メタデータ、IX 符号化、X 地物カタログ化が利用されています。
 
  • 下水道台帳管理システム標準仕様(案)・導入の手引き
     (社)日本下水道協会は、1994年に作成された「標準仕様(案)」の改訂版として、2001年度に「下水道台帳管理システム標準仕様(案)・導入の手引き-改定」を作成しました。この仕様(案)は、国際標準であるISO/TC 211に準拠した内容となっており、UMLクラス図による下水道施設の定義や、JSGIに準拠した品質要素における品質要求の提示、地理識別子による空間参照を可能にする地名辞典及びメタデータの作成についても記載されています。
 
  • 農村振興地理情報システム整備事業における空間データ調達仕様書
     農林水産省の農村振興地理情報システム整備事業では、学識経験者、国、県及びデータ整備事業実施主体の代表者等で構成される委員会を設置し、「農村振興地理情報システム整備事業 空間データ調達仕様書」(平成15年3月)を策定しました。その仕様書は、要求品質、品質検査方法及び適合水準の記載、また、メタデータの作成についてJSGIに準拠して作成されています。
     
  • 共用空間データ調達仕様書及び基本仕様書
     総務省では、地方公共団体におけるGISの普及を促進するため、統合型GISのデータ整備を目的とした「共用空間データ調達仕様書及び基本仕様書」(総務省自治行政局地域情報政策室、2001年7月)を作成しています。その仕様書は、JSGIに準拠して作成されており、地物及びその地物毎の品質要素を定義した品質評価方法の例示、また、メタデータについても記載しています。
 
  • 都市計画GIS標準化ガイドライン(案)
     建設省都市局(当時)では、都市計画で利用する各種主題データについての定義、データ型式及びコード体系等について「都市計画GISガイドライン(案)」(2000年7月)をとりまとめました。そのガイドライン(案)は、都市計画実務の視点から、品質について、JSGIに準拠して作成されています。

地理情報標準に準拠したデータ

  • 数値地図2500(空間データ基盤 )
     国土地理院が提供する数値地図で、地理情報標準第2版に準拠しています。(平成16年度以降刊行のもの)
     
  • 数値地図500万(総合)
     国土地理院が提供する数値地図で、地理情報標準第2版に準拠しています。
     
  • 数値地図25000(空間データ基盤)
     国土地理院が提供する数値地図で地理情報標準第1版に準拠しています。
     
※ 今後、新たに国土地理院が提供していく地図データについては、原則として地理情報標準プロファイル(JPGIS)準拠したデータで提供する予定です。

地理情報クリアリングハウスでの利用例

  • JMP2.0 (Japan Metadata Profile 2.0)
     ISO/TC  211では、2003年5月にメタデータ(ISO19115)が国際規格として正式に発行されました。これを機に、日本版メタデータプロファイルについても、国際規格に準拠したものに改訂し、国土地理院及び民間企業17社が参加する共同研究「地理情報標準の普及・利用技術に関する研究」において、国際規格に準拠したJMP2.0を策定しました。

電子国土での利用例

  • 電子国土プロファイル
    国土地理院が提供する電子国土Webシステムでは、地理情報標準第2版に準拠した電子国土プロファイルを使用しています。

ページトップへ