文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 沖縄支所  > セミナー、説明会等  > 「道の駅」パネル展  

「道の駅」パネル展

道の駅で「近代測量150年」パネル展を開催!!

人々に支えられて満150年を迎えました! ~近代測量150年 沖縄県の道の駅「ぎのざ」他でパネル展を開催~

 本年(2019年)は、明治政府に近代測量を行う機関が設置された1869年(明治2年)から満150年に当たります。
国土地理院及び関係団体は「近代測量150年」と位置づけています。
 この近代測量150年の節目に、沖縄県の道の駅「ぎのざ」を皮切りにパネル展を開催します。

近代測量150年 概要

 2019年は、明治政府に近代測量を行う機関として、国土地理院の前身である「民部官(みんぶかん)庶務司(しょむつかさ)戸籍(こせき)地図(ちず)(かかり)」が設置された1869年(明治2年)から満150年に当たります。
 国土の開発事業の土台と言える測量・地図作製は、国の基本的な形を築き上げた多岐にわたる近代化への国家プロジェクトの一つとも言えます。
 明治から平成、そして新しい時代へ、国土を正確に把握し、管理するために実施した測量や地図作製は、第二次世界大戦以降の戦後復興、高度経済成長、防災対策等のインフラ整備の支えとなり、社会に果たす役割は非常に大きいものになっています。

パネル展示

 今回、沖縄県の道の駅「ぎのざ」他でパネル展を開催し、社会の発展を支えてきた近代測量の歩みをご紹介します。
さらに、人工衛星を利用した測量、ウェブ地図「地理院地図」、近年頻発する災害への対応など、国土地理院のさまざまな取り組みも合わせて展示します。

 下記道の駅で開催を実施および計画しています。期間等は決定次第、順次更新していきます。

  [1]道の駅「ぎのざ」 - 平成31年2月4日(月)から3月4日(月) 終了しました
   <地理院地図の表示はこちら

  [2]道の駅「ゆいゆい国頭」 - 平成31年2月5日(火)から3月4日(月) 終了しました 
   <地理院地図の表示はこちら

  [3]道の駅「豊崎」 - 平成31年3月18日(月)から4月15日(月) 終了しました 
   <地理院地図の表示はこちら>  

  [4]道の駅「許田」 - 令和元年7月10日(水)から8月25日(日)
   <地理院地図の表示はこちら

問い合わせ先

〒900-0022  沖縄県那覇市樋川1-15-15 那覇第一地方合同庁舎
           支所長   下地 恒明  TEL 098-855-2595(代表)
           総務係長  岡﨑 浩和      同上
                           FAX 098-855-2596

ページトップへ