国土地理院概要

伝える

防災意識社会へ向けて

自然災害リスクの把握に役立つ「防災地理情報」を伝えます

自然災害は地形に刻まれ、土地の成り立ちと深く結びついています。土地の成り立ちを示した地形特性情報と災害履歴情報からなる防災地理情報を知り、その地域の災害リスクを理解することが適切な防災・減災活動や避難行動につながります。

国土地理院は、防災地理情報を“整備”し、ウェブ地図「地理院地図」等から“提供”しています。

また、防災地理情報が伝わりやすいコンテンツを作成し、教育関係者への説明会などを通して、防災・地理教育を“支援”する取組をおこなっています。

令和元年東日本台風における浸水状況と防災地理情報

防災意識を支える三つの取組

事前の備えとしての防災地理情報の整備

土地の成り立ち等に関する地形特性情報と、自然災害伝承碑といった災害履歴情報、これらからなる防災地理情報を整備しており、地域の災害リスクの把握に役立てることができます。

防災地理情報
地形特性情報
土地の成り立ち等に関する情報
活断層図
火山土地条件図
明治期の低湿地
災害履歴情報
災害の記録
自然災害伝承碑

過去に発生した自然災害の様相や被害の状況などが記載されている石碑やモニュメントの情報

災害から命を守る地理空間情報の提供

ウェブ地図「地理院地図」は、国土地理院が整備した地理空間情報(地形図、写真、標高、地形分類、災害情報など)を発信すると共に、防災に役立つ多くの機能を提供しており、災害対策の検討や防災教育等を通した住民の防災意識の向上に活用できます。

例えば、地形の形状を視覚的に捉えやすい「陰影起伏図」の上に、地形の成り立ちや性質を示した「地形分類(自然地形)」を重ね合わせると、その地域の地形と、その成り立ちや性質との関係を容易に知ることができます。また、洪水や液状化等の災害リスクの把握にも役立ち、いざという時に備えることができます。

「地形分類(自然地形)」と「陰影起伏図」

地域の防災力向上を目指す防災・地理教育の支援

教科横断的で多彩なウェブコンテンツ「地理教育の道具箱」の充実や、教科書出版社への説明会、学生等を対象とした「出前授業」 、「全国児童生徒地図優秀作品展」の開催など防災・地理教育の支援を目的とした様々な取組を行っています。

「地理教育の道具箱」
教科書出版会社への
説明会
出前授業
全国児童生徒地図
優秀作品展
ハザードマップポータルサイト ~防災に役立つ自然災害リスク情報の提供~

国土地理院では、地域の自然災害の危険性や避難場所について簡単に調べることのできるハザードマップポータルサイトを公開しています。洪水などの自然災害リスク情報や土地の成り立ちを示した地形分類図を地図や写真に自由に重ね合わせたり(左図)、全国の市区町村が作成したハザードマップをより簡単に検索したりすること(右図)も可能です。

また、当サイトで公開している情報を研究機関や民間企業、公的機関等に御活用いただけるよう、データ配信の取組も行っています。

自然災害リスク情報を重ね合わせた表示例
各市区町村ハザードマップの検索イメージ