国土地理院概要

地理空間情報を提供

地理空間情報を提供
研究開発中の3D地図

必要な情報を容易に検索・閲覧・入手することができます

私たちの暮らしを取り巻く位置に関連する情報は「地理空間情報」と呼ばれています。山の標高や、農地や商業地といった土地の利用状況などは地理空間情報の一例です。

このような地理空間情報は、様々な場面で役立つ一方、情報が散在していると自分の目的に合う情報を探すのに手間と時間がかかります。そこで、必要とする地理空間情報を探しやすくするため、国土地理院では「地理空間情報ライブラリー」を運営し、インターネットを通じて地理空間情報を容易に検索・閲覧・入手することができる環境を提供しています。

地理空間情報ライブラリー

地理空間情報を検索・閲覧・入手するためのサービス

ウェブ地図「地理院地図」

地理院地図は、パソコン、スマートフォン、タブレットから無料で利用できるウェブ地図で、常に最新の情報が反映されています。地形図や空中写真等、ウェブ地図のベースとなる情報の上に、地形分類、災害情報、昔の写真などお好みの情報を重ね合わせて表示することができます。

地理院地図

地図・空中写真閲覧サービス

明治23年からの地図や戦前からの空中写真を検索・閲覧することができます。

地図・空中写真閲覧サービス

基準点成果等閲覧サービス

全国の三角点・水準点・電子基準点などに関する情報を検索・閲覧・入手することができます。

基準点成果等閲覧サービス

基盤地図情報ダウンロードサービス

全国の基盤地図情報(電子地図上において基準となる位置情報)を検索・入手することができます。

基盤地図情報ダウンロードサービス

古地図コレクション

国土地理院では、歴史的・文化的資料及び学術研究用資料として、伊能図(伊能忠敬の率いる測量隊によって作成された地図)をはじめ、様々な古地図を所蔵しています。本サイトでは、保有する明治期の地図などをまとめて閲覧することができます。

古地図コレクション

情報サービス館等での刊行物の案内

インターネットを利用したオンライン提供のほかに、紙、DVD、CD-ROMの媒体でも、地理空間情報を提供しています。
また、茨城県つくば市の国土地理院情報サービス館のほか全国10の地方測量部・支所の閲覧所で、閲覧や旧版地図のコピー(謄抄本交付)を入手することもできます。

地形図・空中写真

こんなとき「地理院地図」で分かります!

街の変化を見てみたい・・・

2画面表示

「2画面表示」で空中写真を見比べよう 2画面表示機能を使って、今と昔の空中写真を並べて比較してみましょう。例えば、東京駅前の「外堀通り」は、名前のとおりかつての江戸城のお堀(外濠)を埋め立てて作られた道路であることが分かります。

地形の細かい凹凸を知りたい・・・

自分で作る色別標高図

「自分で作る色別標高図」で色づけよう 「自分で作る色別標高図」機能を活用して地形の凹凸を表現してみましょう。例えば、大森駅西側は崖になっていることが分かります。大森貝塚の存在などから、かつてこの辺りまで海だったと言われています。

地図の色などを変えたい・・・

地理院地図Vector

「地理院地図Vector」でデザインしよう 地理院地図Vectorでは、地図データが「ベクトルタイル」なので、利用者が目的に応じて地図を自分でデザインすることができます。白地図や、空中写真に地名を重ねた地図など、学校教育現場や防災分野で活用できる地図を簡単に作成できます。

詳しい地理院地図の使い方参考サイト

未来の地理院地図は、国連とともにつくる

国土地理院は、ニューヨークの国連地理空間情報課に職員を派遣し、ベクトルタイル技術を国連オペレーションに活用するための能力構築を実施しています。国土地理院は、国連地理空間情報課をはじめとする公的機関等の様々な地図がウェブで活用できるよう、国連オープンGISイニシアティブの元に国連ベクトルタイルツールキットを創設し、技術の共有と発展、相互運用性の確保に貢献しています。
地理院地図Vector のベクトルタイルは国連ベクトルタイルツールキットを用いて生産されています。