文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 基準点・測地観測データ > うるう秒挿入決定に、つくばVLBIアンテナが使われています 最終更新日:2015年6月25日

うるう秒挿入決定に、つくばVLBIアンテナが使われています

国土地理院が行っているVLBI観測の結果が、うるう秒挿入の決定に使われています

7月1日午前9時直前に、うるう秒が挿入されます。うるう秒挿入の決定には、国土地理院のつくばVLBI(ヴイ・エル・ビー・アイ※)アンテナが実施するVLBI観測の結果が使われています。 うるう秒は、私たちが普段使っている時計の時間を、地球の回転の様子と整合させるために用いられるものです。地球の回転は、不規則に変化していることから、毎日継続して測定する必要があります。このような測定を、世界の中の3つのVLBI観測施設が分担して実施しており、このうちの1つが、国土地理院のつくばVLBIアンテナ(茨城県つくば市)です。 VLBI観測によって、地球の回転の様子を監視し、私たちが使っている時計の時間とのずれを精密に測定することによって、うるう秒の挿入が決定されているのです。 国土地理院では、このつくばVLBIアンテナの後継機として、茨城県石岡市に新たなVLBI観測施設を整備しており、平成29年からの本格運用を予定しています。この観測施設の本格運用が開始されれば、地球の回転の様子を、連続的にかつより高精度に捉えることができるようになります。

つくばVLBIアンテナ(茨城県つくば市)


VLBI(Very Long Baseline Interferometry; 超長基線電波干渉法)
はるか彼方の天体から届く電波を複数のパラボラアンテナで受信し、数千キロメートルも離れたアンテナの位置関係や地球の姿勢などを正確に計測する技術です。現在、世界21か国の機関が協力して国際的なVLBI観測を実施しています。

添付資料

問い合わせ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
  国土交通省国土地理院
   測地部 宇宙測地課長    和田 弘人 TEL:029-864-4813(直通)
   測地部 宇宙測地課長補佐 川畑 亮二 TEL:029-864-4828(直通)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ