文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2016年 報道発表資料  > 無人航空機(UAV)を使った測量を支援する「国土地理院ランドバード」を発足 ~「i-Construction」を推進し、建設現場の生産性向上に貢献~  

無人航空機(UAV)を使った測量を支援する「国土地理院ランドバード」を発足 ~「i-Construction」を推進し、建設現場の生産性向上に貢献~

発表日時:2016年3月10日 14時00分

 国土地理院は3月16日より、国土交通省が推進する「i-Construction」の一環として、無人航空機(UAV:Unmanned aerial vehicle 通称ドローン)を使った測量環境の整備を開始します。具体的には、国土地理院内に「i-Construction推進本部」(会議体)を設置するほか、UAV技術者を育成し、i-Construction向けの測量に必要な指導・助言、災害時には自らが現場の撮影・測量を行う「国土地理院ランドバード」(体制)を発足します。
 これにより、建設現場における生産性の向上と災害対応時のUAV活用を推進します。

1.「国土地理院 i-Construction推進本部」の立ち上げ

 測量分野におけるi-Constructionを強力かつ着実に進めるため、3月16日に「国土地理院i-Construction推進本部」を設置し第1回会議を開催します。当本部では、UAVが広く建設・測量現場で利用されることを目標に、公共測量に使用する場合の標準的な作業マニュアルおよび安全基準を作成し、3月中に公表します。また、測量業者が安全かつ円滑にUAV測量を実施できるよう、国土地理院本院・地方測量部が一体となり、地方整備局等、地方公共団体、測量業団体などの関係機関と連携しながら普及促進に努めてまいります。

2.「国土地理院ランドバード(GSI-LB)」の発足

 UAVを活用した測量を推進するため、「国土地理院ランドバード(GSI-LB)」を発足します。ここでは、i-Constructionに関する測量に対応した必要な指導・助言を行えるよう、UAVに精通した技術者を育成するほか、災害時には、国土地理院が自ら、現場で必要な撮影や測量を行うことができるようになります。
 なお、3月16日に、国土地理院(つくば市)にて「国土地理院i-Construction推進本部(第1回)」の開催にあわせて、「国土地理院ランドバード」の発足式およびデモフライトを行います。(詳細は下記を参照ください)

「国土地理院i-Construction推進本部(第1回)」

  • 開催日時:平成28年3月16日(水)14時~14時30分
  • 開催場所:国土地理院 6階 大会議室 (つくば市北郷1番)
  • ※ 開催場所を変更しました。
  • 報道関係者用の席を用意します。傍聴を希望される場合は、問い合わせ先まであらかじめ登録をお願いします。
  • 報道関係者は、腕章又はネームプレート等の着用をお願いします。
  • カメラ撮りは自由ですが、担当者の指示に従ってください。

「国土地理院ランドバード」の発足式およびデモフライト

発足式
  • 開催日時:平成28年3月16日(水)14時30分~14時50分
  • 開催場所:国土地理院 6階 大会議室 (つくば市北郷1番)
  • ※ 開催場所を変更しました。
デモフライト
  • 開催日時:平成28年3月16日(水)15時~15時30分
  • 開催場所:国土地理院 グラウンド (つくば市北郷1番)
  • 報道関係者の方でデモフライト等の取材を希望される方は、問い合わせ先まであらかじめ登録をお願いします。
  • 報道関係者は、腕章又はネームプレート等の着用をお願いします。
  • デモフライト中はヘルメットを着用していただきます。(ヘルメットは国土地理院で用意します。)
  • カメラ撮りは自由ですが、担当者の指示に従ってください。
  • 雨天、風等の影響で、デモフライトは場所の変更または中止になることがあります。

問い合わせ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
国土交通省国土地理院
 E-mail: gsi-icon=ml.mlit.go.jp (=を@にしてください。)

国土地理院 i-Construction推進本部事務局
 企画部 測量指導課長
 安藤暁史(直通:029-864-6691)

国土地理院ランドバード事務局
 基本図情報部 地図情報技術開発室長
 大野裕幸 (直通:029-864-5911 FAX: 029-864-6441)

ページトップへ