文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 基本測量  > 地球の形をはかる  > 水準点(高さを求める)  > 高さを求める歴史  

高さを求める歴史

高さを求める歴史年表
西暦 できごと 測量機器
1611  オランダのリッペレイが照準望遠鏡を発明
水盛台写真
水盛台(水準儀)

平準儀写真
平準儀(水準儀)

カール・バンベルヒ写真
カール・バンベルヒ
一等水準儀

カールツァイス3型写真
カールツァイス3型
精密水準儀

ウィルドN3精密水準儀写真
ウィルドN3精密水準儀

ツァイス社製Ni002型写真
ツァイス社製Ni002型
自動水準儀

ライカNA3003写真
ライカNA3003
電子水準儀
1640  イギリスのガャセーニュが照準望遠鏡に十字線を付加
1653  品川の玉川庄左衛門・清右衛門兄弟が玉川上水を建設。
水準測量は夜間に提灯を用いて実施
1727  福田履軒が駿河国吉原駅から富士山の山頂を35.62136町(3847.5m)と測定
(現在の3776mは1926年の測定値)
1800  伊能忠敬が全国測量を開始
1807  フランスのブレストで近代的な験潮が始まる
1841  ドイツのベッセルが楕円体定数を発表
1852  インドの測量局が世界の最高峰エベレストを8840mと測定
(現在の8848mは1954年の測定値)
1857~1860  ヨーロッパで最初の測地(精密)水準測量がフランスで行われる。1864年に成果を出版
1872  利根川河口に銚子量水標を設置し験潮を開始
1873  隅田川河口に霊岸島量水標を設置し験潮を開始
1875~1905  アメリカで最初の大陸横断測地(精密)水準測量が行われる
1876  東京と塩釜間の近代的水準測量を実施
1883  一等水準測量を開始、水準点の設置
1884  東京湾霊岸島の測位観測から東京湾平均海面を決定
1891  日本水準原点を設置
本格的な潮位観測を開始(串本・外浦・深堀・輪島・鮎川・高神の6験潮場)
1896  ギョームがインバールを発明、精密水準標尺にも使用
1910  ツァイス社が水準儀に気泡合致式を採用
1913  全国一等水準網の第1回測量を完了
1914  水準点の成果を決定
1924  一等水準測量にツァイス製3型精密水準儀及びインバール精密水準標尺を使用
1928  日本水準原点の高さの値を改定(関東大震災による)
1949  測量法、同施行令の公布
1950  西ドイツのツァイス社が自動水準儀を開発
1953  一等水準測量にウイルドのN3型精密水準儀及び精密水準標尺を使用
1969  「昭和44年度平均成果」を公表(北海道地方を除く)
1972  「昭和47年度平均成果」を公表
1979  一等水準測量にNi002型精密自動水準儀の使用を開始
1994  一等水準測量に電子レベルを使用
2002  「2002年度平均成果」を公表
2011  東北地方太平洋沖地震の発生に伴い、日本水準原点の高さの値を改定
関東から東北地方にかけて水準点の成果を改定(「測地成果2011」)
太字は海外でのできごとを示す

ページトップへ