文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 基準点・測地観測データ > セミ・ダイナミック補正  > セミ・ダイナミック補正  

セミ・ダイナミック補正

3. 概要と標準的な補正方法

セミ・ダイナミック補正に必要なもの

  セミ・ダイナミック補正に必要なものとして、次の3つを紹介します。

測量法第34条で定める「作業規程の準則」

 セミダイナミック補正マニュアル測量目的に応じた作業規程を作成するための標準的な規準であり、 電子基準点のみを既知点とする1級基準点測量に適用する セミ・ダイナミック補正についても明文化されています。
作業規程の準則のページからダウンロードできます。

 セミ・ダイナミック補正の補正方法や、セミ・ダイナミック補正支援 ソフトウェア(SemiDynaEXE)の概要、地殻変動量の計算方法等、詳細については、 平成21年度に作成された国土地理院技術資料「公共測量におけるセミ・ダイナミック補正マニュアル」 をご参照ください。

補正パラメータ

補正パラメータ 全国の陸域をカバーする約5kmメッシュの地殻変動量が計算されており、 セミ・ダイナミック補正支援ソフトウェアと合わせて利用することで 任意の位置における地殻変動量を簡便に算出することができます。
セミ・ダイナミック補正支援ソフトウェア及びパラメータは、ダウンロードページ よりダウンロードできます。

セミ・ダイナミック補正支援ソフトウェア [SemiDynaEXE]

 地殻変動量の計算を簡便に行うために開発したソフトウェアです。 「セミダイナエグゼ」と読みます。
ダウンロードページよりソフトウェアのダウンロードができます。


 

補正パラメータとは

補正パラメータイメージ 「元期から今期への補正」及び「今期から元期への補正」には、「補正パラメータ」を 用います。
 補正パラメータは元期から今期までに生じた地殻変動を表すもので、 電子基準点でのGPS連続観測や高度地域基準点測量で検出された地殻変動量を基に作成しています。

 図の赤い矢印は、電子基準点等で検出された地殻変動量を表しています。 クリギング法という補間法を用いて、電子基準点等で検出された地殻変動量をもとに 約5km間隔の格子点上での地殻変動量を求めました。 この格子点上の地殻変動量(図では緑の矢印)を、「補正パラメータ」と呼びます。

 補正パラメータは、原則として4月1日から翌年3月31日までの年度単位を適用期間とし、 毎年更新します。








 

補正パラメータの提供範囲

パラメータ提供範囲 補正パラメータは、右図で赤く塗りつぶされた地域で提供されています (基本的には陸域をカバー)。

 一部の無人の離島は、近傍に電子基準点が無いため 補正パラメータを作成していません。 補正パラメータが提供されない範囲については、 必要に応じて国土地理院の技術的助言を求めてください。









 

補正支援ソフトウェア:SemiDynaEXE

補正支援ソフトウェアメイン画面 右図はセミ・ダイナミック補正支援ソフトウェアSemiDynaEXEのメイン画面です。 SemiDynaEXEは、補正パラメータを用いて任意の点での地殻変動量を計算するために、 国土地理院が開発したソフトウェアです。 使用方法は、これまでに国土地理院が提供している TKY2JGDやPatchJGDとほぼ同じです。
 詳しい使用方法については、公共測量におけるセミ・ダイナミック補正マニュアル、 またはソフトウェアに内蔵されているヘルプファイルをご覧ください。






 

補正パラメータを用いて、任意の点での地殻変動量を計算する

地殻変動量を計算する 任意の点での地殻変動量は、以下の方法で求められます。
 右図の黄色い三角点の位置で、元期から今期までの地殻変動量を求めるには、 求めたい点に最も近い4つの格子点の地殻変動量(緑の矢印)をもとに、 バイリニア補間法で求めます。 この計算は、セミ・ダイナミック補正支援ソフトウェア「SemiDynaEXE」を使って 簡単に行うことができます。









 

標準的な補正手順

 ここで、測量計算にセミ・ダイナミック補正を適用する手順について説明します。
 3点の電子基準点を既知点として、新点1点を設置する場合について考えてみましょう。

基準点を新設する場合
 

  1. まず、従来と同じように既知点の測量成果を固定して、 基線ベクトル(現在の位置関係)基線ベクトルを求めます。
  2. つぎに、SemiDynaEXEと補正パラメータを使って 既知点の測量成果元期電子基準点を今期の座標値今期電子基準点に補正します。
  3. 既知点の今期の座標値今期電子基準点を固定して網平均計算を行い、 新点の今期座標値今期新点を求めます。
  4. 最後に、SemiDynaEXEと補正パラメータを使って 新点の今期座標値今期新点を1997年1月1日において 得られたであろう元期座標値元期新点に補正します。

こうして得られた新点の元期座標値元期新点を測量成果とします。
計算過程をまとめると、図のようになります。

セミダイナミック補正の計算過程

ページトップへ