文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > セミ・ダイナミック補正  > セミ・ダイナミック補正  

セミ・ダイナミック補正

2.補正の対象

どんな地殻変動を補正するか?

セミ・ダイナミック補正の対象とする地殻変動は、 電子基準点や高度地域基準点測量等で検出可能な地殻変動 とします。

具体的な例は、以下のとおりです。

補正の対象とするもの

  • プレート運動に伴う定常的な地殻変動
  • 一時的な広域地殻変動(スロースリップ、余効変動等)
  • 広域的な地盤沈下

補正の対象としないもの

  • 地震に伴う地殻変動(成果の改定を行う)
  • 1点だけの局所的な地盤変動、人工的ノイズ(原因を調査する)

セミ・ダイナミック補正適用の対象となる測量

 既知点間距離が長いほど、地殻変動によるひずみが測量計算に及ぼす影響が 大きいと考えられるため、 電子基準点のみを既知点とする測量を対象とします。

 具体的な例は、以下のとおりです。

基本測量

  • 電子基準点の成果計算
  • 高度地域基準点測量
  • 国土調査に伴う基準点測量
  • 三角点改測、復旧測量

公共測量

  • 基準点測量のうち、 電子基準点(付属標を除く)のみを既知点として用いる測量

ページトップへ