文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 基準点・測地観測データ >  座標・標高補正パラメータ  > 座標補正ソフトウェア PatchJGD  > 補正パラメータファイルの説明  

補正パラメータファイルの説明

  • パラメータファイル名:fukuoka2005.par Ver.1.0.0 002
  • パラメータファイルの説明
    「2005年3月20日に発生した『福岡県西方沖地震』による地殻変動を補正する地域毎の座標補正パラメータです。

    対象エリアは、主として福岡県西北部です。福岡市、福岡市東区、博多区、中央区、南区、西区、城南区、早良区、 春日市、大野城市、前原市、古賀市、糟屋郡新宮町、糸島郡志摩町(平面直角座標2系)

    の全部または一部が含まれます。(市町村名は平成17年9月1日現在)
    対象エリアは、北緯33度25分30秒から33度45分15秒及び東経130度05分14秒から130度33分35秒の矩形領域の一部です。

基準点成果・座標補正ソフトウェアの利用に当たって注意が必要な地域について

震源に近い福岡湾に面した地域では、地形の特質から液状化が発生しており地面が複雑に変動している可能性があるため、座標補正ソフトウェアによる補正が有効でない場合があります。このため、使用にあたっては注意が必要です。
補正パラメータファイル適用範囲

ページトップへ