文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2013年報道発表資料  > 開発途上国からの研修生を受け入れ続けて50周年を迎える  

開発途上国からの研修生を受け入れ続けて50周年を迎える

発表日時:2013年8月26日(月)14時00分

 国土地理院(院長 稲葉和雄)は、独立行政法人国際協力機構(JICA)が主催するJICA集団研修の実施に協力し、1963年から開発途上国からの研修生を受け入れ始めて、今年で50周年を迎えました。これまで受け入れてきた研修員は延べ80ヵ国552人にのぼります。
 研修後、当院では、研修員とのコネクションを活用して現地情報を入手するなど、わが国の政策推進や海外展開に役立てています。



  国土地理院で受け入れているJICA集団研修は、測量技術に関する全般的な知識を習得することを目的とし、「測量技術コース」として1963(昭和38)年から開始されました。その後、国家事業としての測量・地図作成作業全般の計画・管理を行うための資質、能力を備えた中核的人材の育成を目指し、マネジメント関連の科目を強化する等、開発途上国のニーズ・要望に応じて研修内容、開催期間、コース名等を適宜改善しながら、今年度も4ヶ月間の「国家測量事業計画・管理」コースで研修員の受け入れをいたします。
 研修後はフォローアップを通じて国土地理院と研修員間の友好関係を維持しつつ、現地のコンタクトパーソンや政策動向等に関する情報提供を受け、我が国の政策推進や民間企業の海外展開支援に活用しています。
 今年度の「国家測量事業計画・管理」コースは、主に国土地理院本院において実施され、多数の国土地理院職員や外部講師による講義・実習、関係機関への訪問見学等を通じて、研修員の国の事情に合った測量・地図作成作業全般の計画・管理技術を修得します。また、多くの技術者・有識者とも交流を深め、日本の自然・文化についても学びます。
 
1963年から2013年までのJICA集団研修受け入れ実績 延べ80カ国552名
過去の主な研修生の近年の役職
  ネパール国:1996年に受講した地図課長は、土地改革管理省測量局長に昇進
  ケニア国  :2000年に受講したケニア測量地図学院副校長は、校長に昇進
                 他 受講時の役職から部長クラスに昇進した研修員多数

国土地理院において今年度実施されるJICA集団研修の概要

  1. コース名:国家測量事業計画・管理
  2. 定員:8名
  3. 研修期間:約4ヶ月
            2013年8月22日から12月20日まで(計121日)
             (来日8月20日から帰国12月21日)
  4. 対象:国家測量・地図作成機関における測量・地図作成分野の技術系管理職員又は同等な職にある者
研修目的:

地理空間情報は国土開発及び防災等に必要不可欠な基盤情報であることを踏まえ、開発途上の各国において、国家測量・地図作成機関及び地理空間情報局当局が信頼できる地理空間情報を適切に提供できるよう、地図の作成・更新・利活用等の地理空間情報に関する事業計画及び管理を担う中核的人材を養成する。

研修内容:
本研修では、国土地理院による講義・実習の他、民間測量会社による講義、実習・見学を行っています。また、本研修は課題解決促進型となっており、個々の研修員に課題研究を課しています。JICAの方針に沿い、プロジェクトの計画や運営管理を行う手法を学び、自国の課題を解決するアクションプランを作成し、帰国後もそのプランに基づき組織内で課題解決を行います。

【JICA集団研修とは】
JICAの研修員受け入れ事業において、複数の国の参加を得て実施される「課題別研修」と特定国を対象とする「国別研修」があります。「課題別研修」の内、更に対象地域を特定しない研修を「集団研修」と位置づけています。
 

本研修中の主な実習・見学先(日程順)
実施日 講義名 講師 実施場所
10月9日 測量機器の検定 (公社)日本測量協会 (公社)日本測量協会
11月12日から11月14日まで 写真測量及びリモートセンシング アジア航測(株) アジア航測(株)
11月26日、
11月27日
RTK(リアルタイムキネマティック)-GPS実習 (株)ニコン・トリンブル 国土地理院
12月3日 GIS(地理情報システム)データ作成手法 国際航業(株) 国際航業(株)
 

JICA集団研修の様子

問い合わせ先

305-0811 茨城県つくば市北郷1番 国土交通省国土地理院
企画部国際課長     坂部 真一 TEL 029-864-4514
     国際課長補佐 徳永 和典 TEL 029-864-6159
                                           FAX 029-864-8087

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ