文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 国土地理院の紹介 > 国土地理院は広報活動を強化するためリーディング・プロジェクトをスタートさせます。  

国土地理院は広報活動を強化するためリーディング・プロジェクトをスタートさせます。

国土地理院は、国土管理、地域の安心・安全、新しい仕事の創生と生活の利便に今や欠かすことができない測量・地理空間情報の重要性を広報するため、広報戦略(1.)を策定し、これに基づきリーディング・プロジェクト(2.)を実行します。
これらプロジェクトの実行等を通じて、測量・地理空間情報を扱う行政組織として国土地理院が担うべき役割を国民の皆様にご理解を頂きたいと考えております。

1.広報戦略のポイント

国土地理院全体、いわば心技体が、一つに調和された形で広報に取り組めるように、心・技・体それぞれの位置づけを明確にした戦略とする。

(心)の部 広報戦略の策定趣旨

  • 国土地理院は、「国土を測る」こと、そして測った結果を社会で容易に使えるようにするという重要かつ独特な役割を担っている。
  • 今般の社会経済情勢の変化に応じた取組にあたっては、行政機関、企業、国民各層と協力・連携して進める必要がある。また、国土地理院が担うべき役割を発展させるためには有為な人材を確保することも重要である。これらに対応して、国土地理院を挙げて計画的かつ効果的な広報活動を展開するために広報戦略を策定する。
  • 広報戦略の目的は、1)国土地理院が担うべき役割を広く一般に理解していただくこと、及び2) 前項1)の目的を達成するため計画的かつ効果的にメッセージを発信していくことである。

(技)の部 広報戦略の基本的方針

  • 広報戦略の実施は長期に継続することを基本とする。
  • 国民の理解を得るため、国土管理、防災対応、技術・取組の先進性、及び測量への興味を誘導するコンテンツといった視点を意識して広報に取り組む。
  • 広報する対象(ターゲット)を意識して、適切な広報手法を用いて広報活動を実施する。
  • 評判となった既往の広報事例を参考に、国土地理院のアピールポイントを意識した広報活動を心がける。
  • 主要な広報手段であるフェースツーフェース(face to face)、マスコミ掲載、イベント・出前授業、インターネットに係わる課題を整理して改善する

(体)の部 広報戦略の実行

  • 職員個々が国土地理院のアピールポイントを意識し、広報マインドを醸成し、 (技)の部に示す基本的方針に基づき、広報パーソンとして活動を実施する。
  • このため、広報活動のシンボルとして、目に見える形での具体的なアクションとなるリーディング・プロジェクトを選定し、国土地理院全体で強力に推し進める。

2.リーディング・プロジェクトについて

「G(技術)・K(広報)・K(教育)」プロジェクト :広報・教育両面から将来の技術者づくり

電子基準点を設置している学校への出前授業

電子基準点が設置されている全国の学校に対し、電子基準点の維持やその他の仕事で、対象の学校又はその近くを訪問する際に、電子基準点の役割、測量・地理空間情報の大切さを出前授業で児童・生徒に伝えます。
(参考:全国の小学校、中学校、高等学校に設置されている電子基準点の数は、全1,300点中およそ600点です(平成27年12月現在))

インターンシップの促進

学会等と連携して、学会の会場や国土地理院に併設されている地図と測量の科学館(茨城県つくば市)での学生を対象としたインターンシップ(サマースクール)の開催を検討し、実現します。

ストック有効活用プロジェクト :国土地理院の組織、施設等を積極活用

地図と測量の科学館の積極活用

地図や測量の役割を誰もが楽しみながら体験できる施設としての機能を充分に果たすために、展示内容の更新・改善を図ります。さらに、地理・地図・防災教育の場、国土地理院の業務内容を説明する場として、教育関係機関等と連携しサイエンスツアーを実施します。加えて、インターンシップ(サマースクール)を開催します。
 

地元と連携した広報プロジェクト

国土地理院本院や地方測量部等(全国10ヶ所)が立地する地元の自治体、教育機関等と連携して広報プロジェクトを実施します。例えば、平成26年にVLBIアンテナが設置された石岡測地観測局(茨城県石岡市)を活用し、 茨城県や石岡市と連携して見学用設備の整備や公開イベントの準備を進めます。
 

電子基準点を設置している学校への出前授業【再掲】

基盤プロジェクト :職員の能力を高め、共通認識のもとで広報

国土地理院の仕事のアピールポイントをまとめた資料を活用

国土地理院の仕事のアピールポイントをまとめた資料を、幹部をはじめ職員全員が機会を捉えて仕事で接する方々に配り、わかりやすく説明します。

広報パーソンの育成

広報の達人を育成します。またプレゼンの組織的な能力向上を図ります。

問い合わせ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
国土交通省国土地理院
総務部広報広聴室長 TEL:029-864-4038(直通)

ページトップへ