文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > ご質問・ご意見  > 地図と測量に関するよくあるご質問(FAQ)  > 3 図式に関するQ&A 最終更新日:2015年4月1日

3 図式に関するQ&A

図式に関するQ&A

Q&A一覧

Q3.1:地図記号(茶畑と史跡・名勝・天然記念物)の違いは何ですか?

A3.1

記号の大きさが違います.また,茶畑は,等間隔で複数表示されることが多いです.

ページトップへ

Q3.2:地図記号の一覧がありませんか?

A3.2

2万5千分1地形図の地図記号は,地図記号一覧のサイトで閲覧することができますので御利用ください.

※記号をクリックすると説明が表示されます(2万5千分1のみ).

ページトップへ

Q3.3:地図の等高線間隔はどのようになっていますか?

A3.3

地図の縮尺によって主曲線の間隔は次のように異なります.

  1. 2.5千分1 国土基本図・・・・・2m
  2. 5千分1 国土基本図・・・・・・・5m
  3. 1万分1 地形図・・・・・・・・・・・4m(平坦地は2m)
  4. 2.5万分1 地形図・・・・・・・・・10m
  5. 5万分1 地形図・・・・・・・・・・・20m
  6. 20万分1 地勢図・・・・・・・・・・100m
  7. 50万分1 地方図・・・・・・・・・・200m

なお,市街地などの平坦な所では補助曲線を表示しています.例えば,2.5万分1地形図では,5m又は2.5mごとに補助曲線を用いています.

ページトップへ

Q3.4:郵便局の記号は,いつからありますか?

A3.4

「郵便局」という名称の記号は明治13年図式からありますが,記号の形は「(郵便運送馬車や郵便取集車の旗の図案化したもの)」で,現行のものとは違っていました.現行の記号「〒」の形は明治42年式図式からありますが,当時は「郵便電信を兼ねる局」を表す記号として使われており,「郵便局」は別途「〒(逓信省のマーク)」で表していました.

ページトップへ

Q3.5:最近,新たにできた地図記号はありますか?

A3.5

電子基準点(平成9年),図書館,博物館(平成14年),風車,老人ホーム(平成18年)に生まれました.

また,オンライン地図では,避難所等の地図記号が定められました.

ページトップへ

Q3.6:地図記号はいつ制定されたのでしょうか?

A3.6

明治以降の日本で最初の地図記号が作られたのは,フランスの地図記号を基にしたもので,明治6年です.

地図記号の適用等を規定したものを図式といいますが,明治以降社会の変貌,地図の縮尺体系の変化等で20回以上変更され,現在に至っています.

ページトップへ

Q3.7:地図記号の由来を教えてください

A3.7

2万5千分1地形図の地図記号の由来は,2万5千分1地形図の読み方・使い方・地図記号一覧のサイトに掲載しています.

  • 記号をクリックすると,地形図上の表示例と現地写真または記号の由来などが見られます.

ページトップへ

Q3.8:地図記号のうつりかわり(変遷)を教えてください

A3.8

地図記号の移り変わり[PDF形式:368KB]にて,御確認ください.

また,明治からの地形図図式・地図記号の変遷をまとめたものとして「地図記号のうつりかわり・地形図図式・記号の変遷」(日本地図センター,1994)があります.国立国会図書館の国立国会図書館サーチ(館内外の各種データベースを検索)で収蔵されている地方の図書館を検索出来ますので,ご活用ください.

ページトップへ

Q3.9:地図記号を使いたいのですが,許可が必要ですか?

A3.9

国土地理院で刊行している地図で使用されている地図記号は,どなたでも自由に使うことができ,特にクレジットの明記は必要ありません.

また,使用しなければならない強制力もありません.

ページトップへ

Q3.10:人工の山は,どのように表記されますか?

A3.10

土砂や瓦礫等で積み上げられた,「人工の山」については,「山」の分類ではなく,土地の利用を説明する,「土地の利用景」として表記します.

具体的には,山の名称は傾斜体の文字で表記し,土地の利用景の名称は直立体の文字で表記します.

ページトップへ

お問い合わせ

図式に関する質問等は,問合せフォームからお願いいたします.

なお,一般的な質問等は,各地方測量部又は以下の広報広聴室の窓口でも受け付けています.

広報広聴室
TEL:029-864-4462
   029-864-5953
FAX:029-864-6441

(土日祝祭日,年末年始を除く 8時30分から12時00分,13時00分から17時15分)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ