文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2014年報道発表資料  > 平成25年全国都道府県市区町村別の面積を公表【近畿地方測量部】  

平成25年全国都道府県市区町村別の面積を公表【近畿地方測量部】

発表日時:2014年01月31日(金)14時00分

近畿地方の面積は1年間で0.16km2(甲子園球場約4個分)増加

 平成25年10月1日現在の国土の面積をとりまとめ、平成25年全国都道府県市区町村別の面積を本日公表しました。
 とりまとめの結果、国土の面積は、1年間(平成24年10月2日~平成25年10月1日)で1.82km2増加し、377,961.73km2になりました。このうち近畿地方では、0.16km2増加しました。

 国土の増加面積は、現在の方法で調べ始めた昭和63年以降、最小で1.82km2(甲子園球場約47個分)となっています(資料-1、3)。 ※甲子園球場の面積は0.039km2
 都道府県別にみると、近畿地方においては、兵庫県が0.08 km2と最も増加し、次いで京都府の0.05km2、和歌山県の0.03km2でした。全国では、北海道が0.42km2と最も増加しました(資料-1)。
 市区町村別では、尼崎市が0.06km2と近畿地方で最も増加し、次いで舞鶴市の0.04km2、相生市と串本町の0.02km2でした。全国では、小樽(*)市が0.35km2と最も増加しました。これらはいずれも埋立によるものです(資料-1)。
 また、これまで未定であった宮津市と与謝野町との阿蘇海の境界が決定したことにより、与謝野町(108.30km2)の面積が確定しました。なお、宮津市の面積については、同市に接する京丹後市、伊根町との境界が一部未定のため参考値となります(資料-2)。

    *「たる」の字は、本サイトのご利用環境によっては正しく表示されない場合があります。

資料

資料-1 一年間の変化(1)埋立による変化【PDF 102KB】
資料-2 一年間の変化(2)その他(境界確定等)による変化【PDF 75.4KB】
資料-3 国土面積と市区町村数の推移(昭和63年~平成25年)【PDF 55.8KB】
資料-4 都道府県別面積の順位【PDF 85.2KB】
資料-5 市区町村別面積の順位 大小各20位【PDF 97.2KB】
資料-6 近畿地方の市区町村別面積の順位 大小各20位【PDF 91.4KB】
 全国都道府県市区町村別面積をとりまとめた結果は、国土地理院ウェブサイトの「GIS・国土の情報/全国都道府県市区町村の面積」で公表しました。

 国土の面積の公表は、明治15年(1882)に太政官統計院によって初めて実施され、人口統計と並ぶ古い歴史を持っています。昭和35年(1960)からは国土地理院が、『全国都道府県市区町村別面積調』として毎年公表しています。面積値は、国勢調査報告における人口密度算出や地方交付税算定(地方交付税法第12条)の基礎データとなるなど、様々な分野で利用されています。

問い合わせ先

国土地理院近畿地方測量部 測量課
TEL:06-6942-4507(代表)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ