文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2011年 報道発表資料  > 津波による浸水範囲の面積(概略値)について  

津波による浸水範囲の面積(概略値)について

報道発表内容

発表日時:2011年3月18日18時

概要

 国土地理院では、撮影した空中写真(3月12日~13日)を用いて津波浸水範囲の判読を行い、その結果から市町村毎の浸水範囲の面積を集計しました。  なお、今後撮影する下北半島東部、三陸海岸の一部、牡鹿半島周辺及び松島の一部の浸水範囲の面積を追加する予定です。

判読の基準

水田、集落等への浸水、また、瓦礫などの痕跡から浸水位置を空中写真で判読するとともに、複数の判読者のクロス差し替えチェックにより判読の向上を図りました。面積は、作成した津波浸水範囲から計測を行いました。
撮影済み写真枚数1,886枚
今後の撮影予定枚数400枚

津波による浸水範囲の面積(概略値)

浸水範囲概況図判読地域及び空中写真撮影予定地域

浸水範囲概況図の例

問い合わせ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
国土交通省国土地理院
地理調査部 企画課       北原 敏夫(直通029-864-5917)
      企画課長補佐    渡辺 信之(直通029-864-5918)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ