文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2016年 報道発表資料一覧  > 「外国人にわかりやすい地図表現検討会報告書」がとりまとまりました  

「外国人にわかりやすい地図表現検討会報告書」がとりまとまりました

発表日時:2016年1月6日(水)14時00分

 国土地理院では、訪日外国人旅行者の円滑な移動や快適な滞在のための環境整備を図り、観光立国実現や2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の円滑な開催などに資するため、平成26年に「外国人にわかりやすい地図表現検討会」(別添1)を設置し、外国人にわかりやすい地図を作成するための標準として地図に記載する地名等の英語表記ルール及び外国人にわかりやすい地図記号の検討を進めてきました。
 このたび、とりまとめた報告書は、国土地理院ホームページ「GIS・国土の情報/地名に関する情報/外国人にわかりやすい地図表現検討会」で公表しています(概要は別添2)。

地図に記載する地名等の英語表記ルール

 ローマ字表記から英語表記への変換方法を示しており、ローマ字表記のうち地形や種別を表す部分を英語に置き換える方式(置換方式)を基本としています。ただし、名称の構造上、置換方式が適用できない場合や適用しても日本人が元の日本語の地名を認識することが困難な場合があります。本ルールではそのような場合を明示した上で、ローマ字表記に地形や種別を表す英語を追加する方式(追加方式)も採用しています。

置換方式の例 筑波山:Mt. Tsukuba               利根川:Tone River
追加方式の例 月山:Mt. Gassan (置換方式は適用不能)  荒川:Arakawa River

 この地名等の英語表記ルールは、国土地理院が英語版地図を作成する際の基本として適用するとともに、関係機関、地方公共団体、民間地図会社などにも広く周知し、活用を促進します。

外国人にわかりやすい地図記号

 外国人へのアンケート調査結果に基づき、ショッピングセンター/百貨店など外国人旅行者に必要と思われる18種類の施設の地図記号イメージをまとめました。国土地理院では今年度中にこの地図記号イメージに基づいた具体的な地図記号を作成し、公表する予定です。
* 作成する地図記号は、国土地理院が外国語版地図を作成する際の基本として適用するとともに、関係機関、地方公共団体、民間地図会社などにも広く周知し、活用を促進します。(2016年1月8日(金)10時00分追記)

問い合わせ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
国土交通省 国土地理院 基本図情報部
国土基盤情報調整官 中村 孝之 TEL:029-864-6888(直通)FAX:029-864-1803
地名情報課長      齋藤 勘一 TEL:029-864-5908(直通)FAX:029-864-6296
地名情報課長補佐   水田 良幸 TEL:029-864-6905(直通)    〃

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ