文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2014年報道発表資料  > 外国人にわかりやすい地図表現検討会を設置 最終更新日:2014年4月24日

外国人にわかりやすい地図表現検討会を設置

発表日時:2014年04月24日(木) 14時00分

 国土地理院は、観光立国実現等に資するため、「外国人にわかりやすい地図表現検討会」を設置し、地名の多言語による表記方法や外国人にも理解しやすい地図記号など、外国人にわかりやすい地図を作成するための標準作成の検討を進めます。

 観光立国実現等のため、国や地方公共団体の一部において、標識、案内等の多言語対応の検討や実施が進められています。
 
 地図についても、訪日外国人旅行者の快適・円滑な移動・滞在のための環境整備を図るため、これまでの関係機関等の取組と連携しつつ、多言語対応を図るとともに、外国人にも理解しやすい地図記号を設定することが必要になります。
 
 国土地理院では、外国人にわかりやすい地図作成の標準を検討するため、有識者や関係機関等からなる「外国人にわかりやすい地図表現検討会」を5月に設置します。本検討会では、地名の多言語による表記方法や、レストランやコンビニエンスストアなど外国人にもよく利用されると考えられる施設を対象に、直感的に理解しやすい地図記号の検討を進め、平成26年度中に成果を取りまとめる予定です。
 
 国土地理院では、本検討会の成果を広く周知し、民間の地図にも活用を促進することにより、外国人にわかりやすい地図の普及を進めていきます。


問い合わせ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
国土交通省 国土地理院

    基本図情報部 国土基盤情報調整官  中村 孝之 TEL:029-864-6888(直通)
    基本図情報部 地名情報課長       渡辺 信之 TEL:029-864-5908(直通)
                                       FAX:029-864-1803


来場者数 来場者数

ページトップへ