文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 防災関連 > 地殻変動情報  > 観測を強化している地域の地殻変動  > 過去に繰り返し観測していた地区  > 駿河湾地区 最終更新日:2013年7月1日

駿河湾地区

概要

  • 駿河湾地区には、プレート境界にあたる駿河トラフが存在し、過去に巨大地震を繰り返し発生させてきました。このため、この地域は、地震予知連絡会の観測強化地域に指定されていました。
  • 駿河湾周辺の歪の蓄積を把握するとともに、地殻変動の時空間変化を明らかにすることを目的として、昭和46年(1971年)から平成6年(1994年)まで測距儀(平成2年以降はGPS)による繰り返し観測を行っていました。それ以降は、電子基準点による連続観測データを利用した監視に引き継がれています。
  • 具体的には、駿河トラフを挟んだ観測点間の距離を精密に測り、その繰り返しにより地殻の伸縮を検出しています。

観測点

観測結果

ページトップへ