文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 防災関連 > 地殻変動情報  > 観測を強化している地域の地殻変動  > 紀伊半島地区 最終更新日:2015年7月31日

紀伊半島地区

概要

  • 紀伊半島南部は南海地震の震源域、紀伊半島東側は東南海地震の震源域となっています。繰り返し発生する両地震のメカニズム解明や次の地震への準備状況を把握するために、重点的に調査観測を行っています。
  • 高精度な水準測量を繰り返し実施することで、地盤の上下変動を監視しています。

水準路線

結果

1944年東南海地震及び1946年南海地震をはさむ期間とそれに引き続く期間に紀伊半島先端部が大きく隆起し、1980年代以降は、長期的に半島先端部の沈降が継続しています。

紀伊半島東側

紀伊半島東側の上下変動

紀伊半島西側

紀伊半島西側の上下変動

参考

ページトップへ