文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 地図・空中写真  > 基盤地図情報サイト  > 基盤地図情報ダウンロードサービス  > 基盤地図情報についてのお知らせ 最終更新日:2014年7月31日

基盤地図情報についてのお知らせ


平成26年7月31日より、全国の基盤地図情報をシームレスに接続して更新しました。

  基盤地図情報提供サイト: http://www.gsi.go.jp/kiban/index.html
 
  1. 統合した基盤地図情報の提供について
     現在、国土地理院より提供している基盤地図情報の縮尺レベル2500、縮尺レベル25000、測量の基準点、街区の境界線及び代表点について、平成26年7月からを目途に、統合した形式で提供します。
     今までの縮尺レベルごと(2500、25000)の提供から、縮尺レベルに限定することなくデータ統合し、より精度の高いものを含んだ我が国全域を覆うベクトル形式の基盤データである電子国土基本図(地図情報)から、基盤地図情報項目を抽出したものへと変更になります。電子国土基本図(地図情報)では大規模な道路の新規供用などを迅速に反映しているため、基盤地図情報でもこのような情報が反映されることになります。なお、提供単位を市町村単位から2次メッシュ単位へ、形式をJPGIS(GML)形式のみでの提供(下記(2)参照)へ変更します。
     主な変更点等については、参考資料をご覧下さい。

    参考資料1:統合した基盤地図情報のイメージ[PDF形式:300KB]
    参考資料2:基盤地図情報の提供について(主な変更点)[PDF形式:29KB] 平成26年6月16日更新
    参考資料3:基盤地図情報のダウンロードデータファイル仕様書(案)(統合後データ提供分から)[PDF形式:1.4MB] 平成26年6月16日更新
    参考資料4:基盤地図情報のデータのファイル名について(統合後データ提供分から)[PDF形式:70KB] 平成26年6月16日更新
     
  2. データ提供形式の変更について
     平成23年にISO規格が改正され、地理空間データは原則としてGML形式で符号化することが国際標準となりました。これ以降、2年以上が経過し、国土地理院のデータも、今後はJPGIS(GML)形式での提供を中心とする予定です。
     基盤地図情報について、JPGIS形式は平成26年7月までを目途に提供を行いますが、それ以降はJPGIS(GML)形式に一本化します。
     御理解いただきますようお願いします。
     
  3. ダウンロードサービスのログインIDについて(平成26年7月1日追記)
     平成26年7月31日(予定)から、シングルサインオンシステムに移行するため、現在ご利用中の基盤地図情報のダウンロードサービスのログインIDはご利用いただけなくなります。
     シングルサインオンシステムのIDをお持ちでない方は、お手数ですが、7月31日以降、シングルサインオンシステムに新規登録をお願いします。
     
  4. サンプルデータ(平成26年7月14日更新
     サンプルデータのダウンロード:2次メッシュ番号544022[zip形式:17.0MB]
    *注意 本データは、データ形式等の確認のためのサンプルデータであり、測量に用いることはできません。測量には刊行成果を御利用ください。

問い合わせ先

国土地理院 基本図情報部 基盤地図情報係 029-864-1111(内5256)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ