文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 基準点・測地観測データ  > 便利なプログラム・データ  

便利なプログラム・データ

測量計算サイト(ブラウザ上で測量計算ができます)

測量計算

測量に関わる様々な計算をブラウザ上で実行することができます。
  •  計算には、緯度経度とXY座標の換算、2点間の距離と方位角の計算、ジオイド高の計算のほか、座標変換(TKY2JGD)、座標補正(PatchJGD)、標高補正(PatchJGD 標高版)、セミ・ダイナミック補正などが含まれます。
  •  また、APIでの計算もご利用いただけます。

重力値推定計算サービス

緯度、経度、標高から重力の推定値を計算します。

 

地磁気値

緯度、経度から地磁気の値を計算します。

ソフトウェア・パラメータ(パソコンにダウンロードして利用)

TKY2JGD

日本測地系に準拠した測量成果(基準点座標、地図等)を世界測地系に移行するためのソフトウェアです。
  • 注1)東北地方太平洋沖地震などにより地殻変動が観測された地域では、最新の測量成果に移行させるため、このソフトウェアによる座標変換に加え「PatchJGDによる座標補正」あるいは「PatchJGD標高版による標高補正」が必要です。
  • 詳しくは、公共測量関係のマニュアルをご覧ください。

 

PatchJGD

地震や測量時期の違いなどにより、現況に適合しなくなった座標値を、補正パラメータを用いて測量に利用できるように補正するソフトウェアです。

PatchJGD(標高版)

地震や測量時期の違いなどにより、現況に適合しなくなった標高値を、補正パラメータを用いて測量に利用できるように補正するソフトウェアです。

 

SemiDynaEXE

定常的な地殻変動による歪みの影響を補正するセミ・ダイナミック補正支援ソフトウェアです。

ページトップへ

関連先のページ
 
  • 地殻変動情報
    最新の地殻変動情報、地殻変動情報のデータを提供しています。