文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 基準点・測地観測データ > 基準点体系分科会(V)報告を掲載  

基準点体系分科会(V)報告を掲載

国土地理院では、平成25年9月から基準点体系分科会(V)を開始し、準天頂衛星システムをはじめとする複数の衛星測位システム(GNSS)の利用が一層進むことが予想されること、GNSSの連続観測を行う電子基準点を核として衛星測位システムを賢く使い、「いつでも・どこでも・誰でも・必要な精度の位置を容易に知ることができる社会」の実現に向けた環境が整備されたことから、新たな基準点体系の在り方について検討を行い、6月末に報告書にまとめました。
詳細は、基準点体系分科会(V)報告のとおりです。

本報告書では、測量や位置情報サービス等においても、位置情報を必要とする幅広い利用者に役立つスマートでコンパクトな基準点体系への移行について、今後10年間で取り組むべき施策と将来における新たな測地技術の導入の可能性について提言しています。

問い合わせ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
国土交通省国土地理院
 測地部 測地技術調整官 土井 弘充 TEL 029-864-4719(直通)
 測地部 専門調査官    後藤 清   TEL 029-864-1198(直通)
                           FAX 029-864-1802

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ