文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 関東地方測量部  > 地理に関する情報  > 忍野大臼小臼  

忍野大臼小臼

◆忍野大臼小臼
忍野から見る富士が一番と言う人も多いであろう。その忍野に大臼小臼と言う富士山の側火山と考えられている火口跡がある。大臼のほうは等高線から一目瞭然であるが小臼は等高線からは読み取れない。一方、この付近は航空レーザ測量による基盤地図情報5mメッシュ(標高)が整備されているので、地理院地図色別標高図を見ると大臼と忍野八海との丁度中間付近にはっきりと小臼らしき地形が浮き上がる。これを見たら実際に現地を歩いて見たくなるはず。
航空レーザ測量によるデータは今では地理、地形、火山、防災などの研究に欠かせないデータである。
大臼小臼色別標高図 カシミール5m大臼小臼
左図:大臼小臼色別標高図 右図:カシミール5m大臼小臼
※クリックすると大きな画像を表示できます
   
参考文献:
http://www.bousai.go.jp/kazan/fujisan/h_map/kentou/kizu/004/siryou/4-1-6.html (accessed 13.Jan.2016)

ページトップへ