文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2014年報道発表資料  > 西之島の空中写真を撮影しました 最終更新日:2014年12月19日

西之島の空中写真を撮影しました

発表日時:2014年12月19日(金) 14時00分

 国土地理院は、測量用航空機「くにかぜIII」を東京都小笠原村硫黄島から飛行させ西之島周辺の空中写真を撮影し、面積、最高標高、体積を計測しましたので、それらの結果等を公開します。  

 今回の撮影は、防衛省の協力を得て、小笠原諸島を対象に12月上旬に実施したもので、西之島周辺は、12月4日と10日に撮影しました(別紙1、2)。国土地理院の西之島周辺の撮影は、7月4日にUAV(無人航空機)による撮影を行って以来となります。 

 撮影した西之島周辺の空中写真を解析(別紙3)したところ、
  • 面積は、約2.27平方キロメートル(12月4日)、2.29平方キロメートル(12月10日)でした。
    これは7月4日の1.08平方キロメートルの約2倍にあたります。
  • 最も高い地点の標高は、約110メートル(参考値:12月4日時点)でした。
      7月4日の最高標高は約74メートルでした。
  • 新たに噴出した溶岩等の海面上の体積は、約4,970万立方メートルでした。(12月4日時点)

      これは7月4日の約2,220万立方メートルの約2倍に増加していました。

 なお、12月10日は、雲が多く複数の写真により立体的に観測することが困難であり、標高及び体積が計測できませんでした。

 今回撮影した空中写真は、インターネット上の「地理院地図」で公開します。さらに、西之島周辺の立体図(別紙4)、地形判読図(別紙5-1、5-2)、標高データについても公開します。
 
<関連サイト>
国土地理院における西之島周辺の噴火活動関連情報のアドレス

<別添>

問い合わせ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
 国土交通省 国土地理院
 
(空中写真に関する技術的なこと)
 基本図情報部    
  管理課長  下山 泰志  TEL:029-864-4841(直通)
  管理課長補佐  甲斐 納  TEL:029-864-4856(直通)
     FAX:029-864-1803
     
(地形判読図に関すること)
 応用地理部    
  企画課長  田崎 昭男  TEL:029-864-5917(直通)
  企画課長補佐  清水 雅行  TEL:029-864-5918(直通)
     FAX:029-864-1804
 

来場者数 現在の来場者数

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ