文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2012年 報道発表資料  > 島根県「宍道湖」の湖底地形を調査します 最終更新日:2012年10月5日

島根県「宍道湖」の湖底地形を調査します

発表日時:平成24年10月5日(金)14時

国土地理院は、中国地方整備局出雲河川事務所、出雲市、宍道湖漁業協同組合の協力を得て、平成24年10月11日(木)から18日(木)にかけ、島根県「宍道湖」の一部地域(別紙)の湖底地形を調査します。
国土地理院では、全国の自然湖沼81湖沼を対象に湖沼調査を順次実施し湖沼図を提供しており、環境保全や水資源管理計画などに活用されています。「宍道湖」は昭和37~38年に調査を行ってから50年が経過しており、湖底などの地形が変化していると考えられることから、再度調査を行うこととしました。
調査で得られるデータは、湖底地形変化が把握できると共に、湖沼管理やシジミなどの漁業計画における基礎資料として活用されることが期待されます。

湖沼調査の概要

調査期間:10月11日(木) ~10月18日(木) ※天候等により順延の可能性があります。
場 所:島根県出雲市、松江市「宍道湖」
内 容:湖底地形調査 

( 問い合わせ先 )

〒305-0811    茨城県つくば市北郷1番
    国土交通省国土地理院応用地理部
        環境地理課長            中村 孝之 029-863-5934
        環境地理課長補佐     関口 辰夫 029-863-5935
                                                   029-864-6923(FAX)

来場者数 来場者数

ページトップへ