文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2012年 報道発表資料  > 富士五湖の「西湖」の湖底地形を調査します 最終更新日:2012年9月18日

富士五湖の「西湖」の湖底地形を調査します

発表日時:平成24年9月18日(火)14時

国土地理院は、山梨県、富士河口湖町、西湖漁業協同組合の協力を得て、平成24年9月22日(土)から25日(火)にかけ、山梨県富士五湖のうち「西湖」(別紙1)の湖底地形を調査します。

国土地理院では、全国の自然湖沼81湖沼を対象に湖沼調査を順次実施し湖沼図を提供しており、環境保全や水資源管理、浚渫計画などに活用されています。「西湖」は昭和39年に調査を行ってから48年が経過し、湖とその周辺の環境が変化していることから、再度調査を行うこととしました。

近年の測量技術の進歩によって、湖底の地形を詳細に調査することが可能となりました。今回の調査で得られる湖底地形データは、「西湖」の自然環境の保全などに寄与できるものと期待されます。また、「西湖」では、「クニマス」が平成22年に発見、確認されましたが、「クニマス」の生態の解明や保護にも活用されることも期待されます。

湖沼調査の概要

調査期間:9月22日(土) ~9月25日(火) ※天候等により順延の可能性があります。
場 所  :山梨県南都留郡富士河口湖町「西湖」
内 容  :精密湖底地形調査 

問い合わせ先

〒305-0811    茨城県つくば市北郷1番
    国土交通省国土地理院応用地理部
        環境地理課長            中村 孝之 029-863-5934
        環境地理課長補佐     関口 辰夫 029-863-5935
                                                   029-864-6923(FAX)

ページトップへ