文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 地球地図  > 地球地図国際運営委員会  

地球地図国際運営委員会

ISCGM第20回会合

地球地図国際運営委員会(ISCGM:International Steering Committee for Global Mapping)は、地球地図の整備を促進するために1996年に設立された組織です。委員会は世界各国の国家地図作成機関の長、国際機関の代表者などからなり、20名で構成されています。 ISCGMは原則として年1回世界の様々な場所で会合を開いており、会合の場では、プロジェクト参加、データ整備などを推進するための方策の検討などを行っています。国土地理院はISCGM設立当初から事務局を担当しており、地球地図プロジェクトの推進について中心的役割を担っています。

2016年8月2日、第23回地球地図国際運営委員会(ISCGM)において、ISCGMの解散と地球地図データの国連地理空間情報課への移管が決議されました。これに伴い、ISCGMウェブサイトは2016年12月末に運用を停止しました。地球地図データは、Global Map data archivesから公開されています。

ページトップへ