文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 防災関連 > 地球地図を使った被災地周辺図  > ミャンマーを襲ったサイクロンによる災害(平成20年5月) 最終更新日:2008年5月7日

ミャンマーを襲ったサイクロンによる災害(平成20年5月)

地球地図によるミャンマー中央部の地域図の公開について

1.本図の公開について

日本時間5月2日から、超大型の熱帯低気圧(サイクロン)ナルギスがベンガル湾を東進し、大きな被害が発生したミャンマー連邦中央部の地域の地図を公開しました。

本図より、同国イラワジ川の、特に標高の低いデルタが拡がっている様子を知ることができます。

本図は、地球地図データ等を使用して作成しております。

2.本図の利用について

国土地理院コンテンツ利用規約に従ってご利用ください。

3.地球地図プロジェクトについて

地球地図プロジェクトは,持続可能な開発・環境保全・災害の緩和に役立てることを目的に,地球規模の地理空間情報である地球地図を,世界各国・地域の地理空間情報当局が協働して整備する国際プロジェクトです。
2017年3月、地球地図プロジェクトは完了します。

詳細は、以下をご参照ください。

問い合わせ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
国土交通省 国土地理院 地理調査部 環境地理課 029-864-5934(直通)

ページトップへ