文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 地図・空中写真・地理調査  > 主題図(地理調査)  > 湖沼湿原調査  > 日本全国の湿地面積変化の調査結果  > (グラフ1)  

(グラフ1)

1999(平成11)年の湿地面積に大きい順に20位までを表示したグラフ
このグラフは、1999(平成11)年の湿地面積の大きい順に20位までを表示したものです。

湿地面積が最も広いのは釧路湿原で227km2あります。第2位の別寒辺牛(べかんべうし)川流域湿地は108km2で釧路湿原の半分以下です。3位は根釧(こんせん)原野湿地群で86km2、第4位はサロベツ原野60km2、第5位に霧多布(きりたっぷ)湿原30km2と北海道の東部に集中しています。第6位に関東地方の渡良瀬(わたらせ)遊水地20km2が入ります。
上位20位までに入った湿地のほとんどは、北海道の東部または北部に集中しており、北海道以外の湿地は渡良瀬(わたらせ)遊水地と尾瀬ヶ原(おぜがはら)の2カ所でした。

ページトップへ