文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 地図・空中写真・地理調査  > 主題図(地理調査)  > 航空レーザ測量  > 高精度な標高データ  

高精度な標高データ

航空レーザ測量
航空レーザ測量に関するお問い合わせは「お問い合わせフォーム」からお願いします。
(新しいウインドウが開きます)

高精度な標高データについて

 航空レーザ測量で計測した高さのデータから、建物、橋等の人工構造物や樹木等の植生を除去し、南北及び東西方向に5m間隔等で標高値を内挿補間により作成したデータを以下のとおり提供しています。

基盤地図情報(数値標高モデル)

 基盤地図情報(数値標高モデル)のうち、都市、河川流域等について、概ね5mメッシュ(0.2秒)のデータで提供しています。
 詳しくは、基盤地図情報ダウンロードサービスのサイトの「基盤地図情報(数値標高モデル)の種類と概要」のページをご覧ください。

 基盤地図情報(数値地形モデル)5mメッシュ(標高)の整備範囲は、地理院地図の画面の表示メニューから「5mメッシュDEM(航空レーザ測量データ)」を選択することで確認できます。

 本データのダウンロードについては、基盤地図情報ダウンロードサービスのサイトより行うことができます。また、データの仕様の確認、基盤地図情報を表示するビューア等もダウンロードできます。

数値地図5mメッシュ(標高)

 数値地図5mメッシュ(標高)は、CD-ROMにて販売しているデータです。
 CD-ROMには、「数値地図5mメッシュ(標高)」を画像で表示することができる「表示ソフト」が含まれています(最新版のダウンロードはこちら)。
 基盤地図情報とはファイルの仕様が異なります。
 本データの位置の基準については、世界測地系に基づく平面直角座標系(平成14年国土交通省告示第9号)の座標値で作成しており、5mメッシュのデータとなっています。

 数値地図5mメッシュ(標高)の購入方法は、地図と空中写真の購入方法ページをご覧ください。

 刊行地域は、刊行一覧図をご覧ください。

 公共測量に準拠した航空レーザ測量によるDEMの作成方法については、航空レーザ測量による数値標高モデル(DEM)作成マニュアル(案)(平成18年4月改定)(PDF形式:728KB) 国土地理院技術資料 A1-No.310 をご覧ください。

 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ